ここから本文です

サムライ (1967)

LE SAMOURAI

監督
ジャン=ピエール・メルヴィル
  • みたいムービー 68
  • みたログ 389

3.76 / 評価:179件

渋い男を演じるアラン・ドロンは素敵

  • beautiful_japan_xp さん
  • 2020年11月26日 14時04分
  • 閲覧数 472
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

アラン・ドロンが一匹狼の殺し屋を演じる。ほとんどのシーンで彼は無口で、靴音だけが町に響く。
美しい顔立ちのアラン・ドロンが背広やコートを着こなして、とてもファッショナブル。どこまでも渋い。

ただ、アラン・ドロンが演じる殺し屋の設定は甘い。
ターゲットを射殺した直後に顔を見られてしまう。仕事を終わらせたら、裏口や非常階段を使って目撃されないようにすべきなのに、出口まで店内を歩いて行く姿を多くの人に目撃される。腕のケガの治療に使った包帯を路上に捨てて警察官に拾われたり、盗聴器を付けられた自室にのこのこ戻る。
クールなプロの殺し屋とは思えないお粗末ぶりだ。

警察の尾行を地下鉄でまくシーンも緊張感がない。ラストシーンも「?」という感じで不完全燃焼。もう少しヒネリを入れてもらいたかった。

カッコいい男、セクシーな男を見たい人のための映画。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ