ここから本文です

サムライ (1967)

LE SAMOURAI

監督
ジャン=ピエール・メルヴィル
  • みたいムービー 59
  • みたログ 301

3.86 / 評価:118件

サムライ魂

  • bar***** さん
  • 2017年7月6日 13時14分
  • 閲覧数 1097
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

『サムライ』はいいなあ……惚れ惚れする。アラン・ドロンの成熟した演技もさることながら、映画の底に流れている精神、「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」というような、死を超越した生き様も深くって素晴らしいんですよ。

主人公ジェフ・コステロは何度も危難に遭うんですが、一度も取り乱さず、たんたんと勝負に没入していくんです。しかし無敵かというと、そうではない、生身の人間であり、終わり(死)の危険が常に付きまとう。おそらく自分の生を長引かせよう、という意図がなく、いかに死ぬべきかという「終わり」まで透徹した精神でじっと見すえた上で行動しているんです。だから彼の動きには、わざと隙を残したようなところがあります。相手につけ込ませる余地をわざと少し残していく。それは「生きるためにあがく」という意志を捨てきった態度であり、自分の完成(死)をどうやって意義深いものにするかという求道精神であると思います。

深い精神に触れられるので、その道に興味がない人には、おすすめしません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ