ここから本文です

さよならをもう一度 (1961)

GOODBYE AGAIN

監督
アナトール・リトヴァク
  • みたいムービー 16
  • みたログ 154

3.63 / 評価:30件

嫌がるポーラに元祖“壁ドン”

  • 一人旅 さん
  • 2016年11月7日 8時42分
  • 閲覧数 647
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

TSUTAYA発掘良品よりレンタル。
アナトール・リトヴァク監督作。

パリを舞台に、室内装飾家の中年女性・ポーラ、ポーラの浮気性の恋人・ロジェ、ポーラに想いを寄せる弁護士の青年・フィリップの恋の行方を描いたドラマ。

離婚歴のある年上女性(40歳)と年下の青年(25歳)の恋の顛末を描いた恋愛心理ドラマの佳作で、イングリッド・バーグマンが愛と理性の狭間で揺れる主人公・ポーラを熱演している。バーグマンが出ていれば、それはもうバーグマンのための映画になるわけで。『イタリア旅行』や『不安』のアンニュイな演技、『追想』のミステリアスな演技、『サボテンの花』のチャーミングな演技、『秋のソナタ』の冷徹な演技。どれを取っても一流で、演技の幅が広い。それでいて親しみやすい雰囲気の持ち主という鬼に金棒の大女優。

本作のバーグマンは、離婚歴のある40歳のインテリアデザイナーという設定で、5年間恋仲にあるプレイボーイの中年男・ロジェとの関係が行き詰りつつある中で、ある邸宅で出会った25歳の弁護士の青年・フィリップに猛烈アプローチされる、というお話。愛を愛で返してくれない不誠実なロジェとは異なり、フィリップは情熱溢れる青年で一途にポーラを愛する。フィリップは「歳の差なんて気にしないよ!」と主張するが、それでもポーラは年下男性との恋愛に引け目を感じてしまう。独身中年女性の哀しい性。本物の愛情よりも、世間体を気にするあまり身の丈に合った相手に気が向いてしまう悲劇。クライマックスでバーグマンが叫ぶ“これを言っちゃあおしまいよ”的セリフが悲しい。

共演はイヴ・モンタンとアンソニー・パーキンス。イヴ・モンタンはプレイボーイ派の俳優という印象よりも、個人的にはコスタ=ガヴラスの映画に出てる悲劇の人というイメージが強い。本作のプレイボーイ(ロジェ)役は悪くはないのだが、期待していたほど印象に残らない。題材的には『サボテンの花』のウォルター・マッソーでも充分いける。アンソニー・パーキンスはご存知『サイコ』のノーマン役で知られる個性派俳優。サイコな二重人格野郎から熱愛青年弁護士への華麗なる転身だが、前年に出演した『サイコ』のサイコな演技が若干踏襲されているような、いないような。店先でポーラを待ち伏せしたり、嫌がるポーラに元祖“壁ドン”を披露する姿はちょっと狂気的。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ