ここから本文です

さらば友よ (1968)

ADIEU L'AMI/FAREWELL, FRIEND/HONOR AMONG THIEVES

監督
ジャン・エルマン
  • みたいムービー 51
  • みたログ 469

4.02 / 評価:164件

映画史上に残るラスト・シーン

  • tok***** さん
  • 2017年6月29日 0時18分
  • 閲覧数 1757
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

アラン・ドロンにチャールズ・ブロンソンとくれば、日本人ならばそこにはもう一人、三船敏郎が、とか思うかもしれない。勿論、これは映画「RED SUN」で実現してしまっている。

この映画の肝は、何といってもラスト・シーンであろう。
これを見るだけの為に、然程面白いとはいえないよくあるストーリー展開を忍耐で見て過ごす。

日本人のオールドファンならば、特にピンとくる絵になる二人だけに、内容よりもキャスティングだけで見せてしまう作品なのかもしれない。

稀代のイケメンのドロンと男臭い個性俳優ブロンソンが醸し出すラストシーンは、世間でいうように映画史上屈指と断言できる。

これを見ると禁煙がなかなか出来なくなるかもしれないとは、余計なお世話か。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • パニック
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ