ザ・リバー

THE RIVER

123
ザ・リバー
3.6

/ 24

21%
33%
33%
13%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(6件)

かっこいい21.4%勇敢21.4%悲しい14.3%泣ける14.3%切ない14.3%

  • kih********

    4.0

    アメリカにも有った農村の地権・利権闘争

     こういう田舎の親分と百姓の争いというのはアメリカにもあったのか、と妙に感心した。ただ、日本のそれとは何かが違う。それをあれこれ考えさせられて面白かった。  日本の農村の紛争は、悲壮感で息がつまる。その点、あちらではサラッとしている。日本には「一所懸命」、「先祖代々」という精神性があるけど、あちらではあくまで個人主義、合理主義。日本でだったら我慢に我慢を重ね、忍耐の限界点で、命懸けで訴える。しかし、あちらでは、世間のルールで訴える。  近現代だったら、階級闘争に仕向ける。あちらにはそれがない。代わりに、友情が連帯に発展する。それは個人の判断の集まりであって、集団の決定に個人が従うのではない。この映画のクライマックス、堤防を水漏れから守るか見放すかのギリギリの判断で、村人たちは指導者からの命令や檄で動くのではなく、互いの相談もなく、個人の正義感で動くのだ。今流にいうと、自己選択、自己決定だ。  今でも我々周辺では、古くからの田舎ボスの意向で物事が決まり、陰で文句をいい、我慢をしていることが多い。個人の正義感がないのか、表現の勇気がないのか、それは分からないけど、このアメリカ農村の紛争には学ぶことがある。  (とはいえ、アメリカはアメリカ、こうやって白人同士が利権を争っているが、元はといえばすべて先住民の土地だ。他人の土地に入り込んで、元々の所有者・権利者をよそに、こういう争い事をやっているって、ちょっと酷過ぎるんじゃないかな。)

  • nae********

    4.0

    ネタバレ人間ドラマとして見応えあり!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    5.0

    たとえ独りでもやる!やってみせる!

    この作品を観て、マークライデルはもう、私の中では名監督ですね。素晴らしい。 文句無し。感動しました。 何かこう、昔4チャンでやってた「青春もの」の感動に近いものがある。 メルギブソン、若くてカッコイイ。「誓い」の時の瞳でした。 敵役のスコット・グレンも良かった。 アメリカの農村問題をきっちり描きながら、問題提起もしてるし、 それを、深刻化させずに、性善説を救いに持って来るあたり、 地味だけど、流石、「ローズ」「黄昏」の監督だけあります。 今回も、しっかり泣かされました。秀作!

  • kak********

    3.0

    苦難の人生を観る者に苦痛を与えず描く作品

    メル・ギブソンに出会ったのは「マッドマックス」だったが、 異色アクションに度肝を抜かれたものの、その後しばらくは ピーター・ウィアー監督の「危険な年」など骨太な映画が 続く。本作品も、そういった作品の一つで不屈の精神力を 持つ主人公を好演。 共演のシシー・スペイセクを知ったのは「キャリー」であり 最後のシーンは心臓が止まるほど驚かされた。当時26歳だった とは夢にも思わなかったが、最初から演技派だったのだと 納得の一作である。 物語は、この二人が夫婦役で、大自然の脅威に生活を脅かされ ながらも逞しく生きてゆく模様が描かれていく。 1984年制作ながら、現代の日本が抱えている問題と良く似た テーマを扱っているので、古さは感じられない。 監督は、ベット・ミドラーとジェームズ・カーンが共演した 感動作「フォー・ザ・ボーイズ」のマーク・ライデル、 音楽は「スター・ウォーズ」等多くの映画音楽を手掛けた ジョン・ウィリアムズとスタッフも一流である。 もう一人忘れてはならないのが、「アーバン・カウボーイ」で ジョン・トラヴォルタと共演しているスコット・グレン。 存在感あふれる演技は、「ライトスタッフ」などで広く知れ渡る のだが、むしろ地味な脇役が多く、映画界には欠かせない俳優。 本作品は、後に飛躍したスター達の初期の作品でもあり興味 深いのだが、シリアスなテーマなのに、必要以上に残酷な面を 見せていない点に好感が持てる。 逆に言えば、少し綺麗に描きすぎている面もあるのだが、 観る者に苦痛を与えなくても、メッセージが伝われば良いので 社会派ドラマとしては後味が良かった。

  • fbx********

    2.0

    アメリカの現実

    やっぱり辛い。 現実を静かに見つめているけれども、 それだけに、閉塞感がある。 だからこそ、安易な未来を見せているような 感想を持ってしまう。 ううん。イマイチ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第57回

特別業績賞

基本情報


タイトル
ザ・リバー

原題
THE RIVER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル