最後の猿の惑星

BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES

87
最後の猿の惑星
2.8

/ 171

5%
10%
47%
30%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(21件)

勇敢12.5%不気味12.5%スペクタクル10.7%パニック8.9%絶望的8.9%

  • 1048

    2.0

    パワーダウン

    本シリーズの実質最終章 もう明らかにパワーダウンと言うか、 鑑賞していても展開も内容も惰性で見てしまう感じ。 もう猿たちがワアワアと騒いでるだけの作品。 まあこれだけ続けば仕方ないけどね…

  • a13********

    2.0

    猿の惑星にハッピーエンドはいらない

    5部作の完結編。 シーザーのおかげでハッピーエンド風に完結しました。きれいまとめられたかな?と思う。 けど、観賞後はもやもやした。たぶん、ハッピーエンドだっから。猿の惑星にそんなものは求めていないと思った。人間は退化し、猿に征服される地球、それが猿の惑星の魅力なんだと思う。 後はいくらなんでも数年の間に地球が変わりすぎなことと戦闘シーンのスケールの小ささはマイナス。

  • taf********

    2.0

    退屈。

    旧作全5タイトル。DVDセットが半額だったので購入し全部一気に観ました。 地獄でした。古過ぎてグダグダで。 見せ方ですね。ほんとに。 一番観やすかったのは 新猿の惑星。 話としてもシンプルで まぁありかなぁって思うのが 一作目と二作目。 最後の2作品に関しては グダグダで、内容が頭に入ってこない。 40年前? 映画は随分と進歩しましたねぇ。 カメラワークもそうですが 役者さんもどんどん上手くなってる。 でも、こういう昔の作品があり 歴史を紡いだからこそ今がある。 ありがとう猿の惑星。 チンパンジー オラウータン ゴリラ こんな霊長類が人間の頭脳を持った時点で 人間に勝ち目があるのか? 握力なんぼほどあるおもてまんねん。 肉弾戦になったらまず勝ち目がない。 ちなみに、猿だろうが人間だろうが 平和的に歩み寄りたいと思ってる者がほとんどいない。 そりゃ決戦になるわい。 猿の惑星は全体的に救いのない話で 暴力的で分かり合えなさすぎ。 そして無理やり最後は丸く収まった感じのエンディング。 いいのかそれで? 何よりも全作品を見て驚いたのが 最近の映画のエンドロールって10分以上あるのに 10秒で終わる。 そして、新3部作への理解もこれで深まることができる。 この流れを取り入れてるからあんな感じになってるんですね。 当時の衝撃作、金字塔だから今でもその名を残してるだけなんだろうなぁ。 全体的には別に面白くない。

  • nisan

    3.0

    旧シリーズを全て見ました。

    DVDボックスを購入し、旧シリーズを全て見ました。基本的に面白い映画であると思うが最初の作品が大ヒットした為、2作目以降の制作期間が明らかに短く所々でアラが目立つ。 50年前に毎年生み続けた政策側には頭が下がるが、もう少し丁寧に仕上げておけばと残念でならない。

  • スーザン

    3.0

    猿が猿を殺した!

    最終章なのでもっと気合い入れてほしかったのだが、ダラダラした印象。 時間軸は前作から何年かを経た、核戦争後の世界。 少数の人間と猿はシーザーをリーダーとして自給自足の生活をしていた。 だが、放射能に侵された地域に暮らす別の人間たち(2作目の超能力人間の祖先だろう)と人間嫌いのゴリラの存在で不穏な展開に・・・。 なんかピリッとしないありがちな展開が退屈。 このシリーズは、どこかでおおっ!と驚かせてほしいのに。 シリーズ中一番つまらない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
最後の猿の惑星

原題
BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル