レビュー一覧に戻る
サンセット大通り

サンセット大通り

SUNSET BOULEVARD/SUNSET BLVD.

110

yuta

4.0

Billy Wilder

ミステリーフィルムノワール映画。 1950年と言う、フィルムノワールがさんになり始めた時代の作品で、ここから多くの脚本的要素を盗んだ作品は多くあります。映画の歴史的にもかなりの影響を残していますが、2010年代の我々が観てもミステリー映画としても楽しむことができるのがこの映画の魅力です。 設定は1920sから1950sにかけて。当時、映画の歴史上最も大きな出来事がありました。それはトーキー映画の出現。それまでの映画はサイレントで上映フィルムに音がプリントされることはありませんでした。トーキー映画とはいわゆる、劇中の役者さんがセリフを喋るということです。それにより、映画のポテンシャルはさらに増加したのですが、俳優さんたちに求められる演技の技術は、動きだけでなく、セリフを読むこと、つまりは話すことも求められるようになったのです。サイレント映画では美しい顔を持っているだけで、絶大な人気を誇っていたスターたちも先行きを危ぶまれることになりました。そんな映画業界での脚本家とサイレント映画のスターだった女優さんの欲をめぐったフィルムノワール。 このテーマをコンセプトとした映画はいくつかあります。『雨に唄えば』(Singin in the rain (1953)”や、『アーティスト』”The Artist (2010)”など。しかし、この映画業界ではタブーとも言える、スタジオ映画の大きな変化、失墜を取り上げた初のスタジオ映画です。パラマウント製作でパラマウントを批評するところが面白いです。かなりブラックなことを取り上げてますが、ビリー・ウィルダーの素晴らしい脚本が、コメディ要素を含み楽しく鑑賞することができます。 ミステリー作品としての脚本の出来がなんと言っても素晴らしい。とても極端で特徴的なキャラクターたちが、ミステリーを作り上げていきます。愛やお金、欲望、リベンジのを中心としたミステリーはフィルムノワールの代名詞ですが、映画業界の転換を背景としたユニークな設定と、コメディ・ドラマ・サスペンスを視覚的に表現するリッチな内容が映画としてのミステリーを完成させています。 一番感心したのは、プロダクションデザイン。グロリア・スワンソン演じるノーマ・デズモンドの屋敷がすごかった。過去の栄光にすがって、自分に酔っている悪役的キャラクターをその屋敷で表現しています。さらには、マックスやベティなどのサブキャラクターにも動機がはっきりとしていて、謎解きが面白い。 殺害された主人公の一人称で語られるミステリーのナレーションも映画としてのミステリーの新しい境地を開いたのでしょう。 70年前という、こんだけ古い作品であってもここまで楽しめるというのは、この作品がその後の映画に及ぼした影響がとてつもなく大きいということがうかがえます。

閲覧数689