三人の女

3 WOMEN

124
三人の女
4.1

/ 30

43%
27%
23%
7%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(11件)


  • 一人旅

    3.0

    女と女の閉じた世界

    ロバート・アルトマン監督作。 『バード★シット』(70)、『ロング・グッドバイ』(73)、『ナッシュビル』(75)の鬼才:ロバート・アルトマンが製作・監督・脚本をこなしたキャリア初期作で、二人の女性の関係性を緊迫の心理描写をもって描き出した異色の心理劇となっています。 カリフォルニアの高齢者リハビリ施設で働くミリーと新入りのピンキーは、知り合いの所有するアパートで共同生活を始めるが、やがて精神を病んだピンキーが自殺未遂を起こしてしまい―というお話で、ミリーとピンキーという二人の若き女性+αを中心に展開される心の揺れと人間関係の変容に迫った女性心理サスペンスとなっています。 女同士の嫉妬や愛憎、不安と絶望が渦巻く作劇で、プールの底面に描かれた絵画等のモチーフも印象的に取り入れられていますが、アルトマンの作品群の中では比較的とっつきにくく、能動的な鑑賞姿勢でないと物語の真意を上手く読み取れない作品でもあります。 主演のシェリー・デュヴァル&シシー・スペイセクが対照的な性格の女性二人を繊細に演じ切っていて、エキゾチックな絵描きの妊婦を演じたジャニス・ルールも異彩を放っています。

  • bar********

    3.0

    うーん

    三人の女。 シェリー・デュヴァルとシシー・スペイセクの演技はなかなかなのだが、見ている方としては、あまり効果的ではないと思われる長回しが多く、撮影の技術に疑問を感じる。またどういう狙いなのかわからないセリフ(一般的で当たり障りのない会話劇のようなもの)がやたらめったら存在し、じれったさがある。それをどう使うのか、監督に確かなイマジネーションがないから、半端な効果で終わっているシーンがいくつもある。 だけど、妙な緊張感があって、そこは面白く感じた。残念ながら、映画の基本的な部分でダメだと思ったので、深くストーリーは追っていない。ストーリーは面白そうだったのだが、とにかく見せ方がダメだと思う。

  • oce********

    4.0

    キャリーになる前みたい

    もともと群像劇が得意なロバート・アルトマンらしくないというか、静かに狂気を感じるサスペンスを撮っていたとは驚きだ。 冒頭から介護施設を写しているだけであり、そこにシシー・スペイセクがいるだけ。 それだけなのに何か起こりそうな緊張感が漂ってくる。 物語の整合性としてはバラバラなのだが、場面毎に女優陣のやり取りが凄まじい。 特にスペイセクのネジが一つ取れたかのような演じぶりは明らかに異質。 丁度前年に演じた「キャリー」になる前のような、そんな雰囲気を持ち合わせている。

  • yok********

    5.0

    この監督さん人間観察鋭すぎるわ。

    人間の細かなダメさ、微妙な醜悪さや冷酷さを混沌と散りばめている作品。 だけどラストは決して後味は悪くない。 ミリーさん、ええ人。 実は子供の時に見て訳が分からなくて、記憶から消されていた。 歳を重ねてから理解できるのかも。

  • met********

    5.0

    S!ssy

    .

  • どーもキューブ

    4.0

    ロバートアルトマン監督、3人の女

    1985年、音楽ジェラルドバズビー。製作、脚本監督ロバートアルトマン。 テレビ編集マン、テレビ戦争物「コンバット」監督。「ジェームスディーン物語」などを撮りあげ監督デビューも遅い、故ロバートアルトマン監督。 多人数の人間関係をラストに向け同時進行で描ききるアンサンブル映画を表現してきました。 結婚式の様々な顛末を散りばめた「ウェディング」 戦争を外科手術の気楽な医者二人からドタバタに魅せるカンヌ映画祭受賞作品「マッシュ」 村上春樹が大好きなレイモンドカーバー原作。些細な日常に垣間見る異常な人々の素顔長編日常アンサンブル「ショートカット」 ファッションショーに向け、様々な人々が押しかけは、魅せる「プレタポルテ」 じっくり魅せる舞台劇のようなホテルのバーの男と女「フールフォーラブ」 遺作も素晴らしい音楽ラジオ番組を巡るミュージカルアンサンブル「今宵、フィツジェラルド劇場で」 お気に入り監督のロバートアルトマンであります。 失敗作満載のロビンウィリアムスがアニメの主人公に扮した「ポパイ」 シェリーデュバルがオリーブ役。これがコケて80年代は不遇な時代に入ります。こういう作品群もアルトマンには沢山あります。 本作、幻のソフト化されてなかった作品。シェリーデュバル、シシースペイセク が、主役!「キャリー」の女の子。「シャイニング」のお目のシェリーが主役だって! どんな映画だよ!とフィルモグラフィを見ながらいつも気になっていました。 良品発掘というか幻発掘が得意なキングレコードさんの発売によりソフト化DVD鑑賞いたしました。 うわぁ、これは長らく お蔵に入るのわかるわぁ! こないだ見た「ラストタイクーン」もそうなんですが、なかなかの「?」難解な部分 「えっ!どうなってんの?というラストでございます。 今じゃ絶対作れない賭けのような作品です。 ラストは、そういうことかなぁと類推するラスト。 作品冒頭からなにやら 不穏な旋律 まるで夢景色のような心地 物語は、とあるリハビリテーションセンターに勤めるシェリーデュバル。そこに不思議な変わり者シシースペイセクが働きにきます。二人はルームメイトになるんですが、そこのアパートには謎の絵描きの女性がいました。はたして、、、、。 もう冒頭から不穏で、無駄な感じのエピソード満載で一体映画はこんな癖の有りすぎる二人をどうするの?みたいな展開です。 シシーが、まあ若い事。こんな子いるなぁみたいな奇妙ぶり。 そしてシェリーの奇抜なイエロールックス必見、なんかだんだん憐れみの感情が湧いてきます。 中盤の顛末の素晴らしいブレイク。そして観客の思考をひっくり返して蓋をする驚きの思考停止ラストは、私も参りました。 これは、わからんなー すべらんなーじゃなく 絶対訳、わからんなーです(笑) こんな映画を存在させる事がロバートアルトマンですね。 ある意味本当に 自主映画の匂いもします、すんごい贅沢な自主ですが。 幻想的な音楽と波、プールのイメージ、不気味な壁画、不穏な関係性の三人。 最後前の驚愕なオチ前は、なかなかの余韻を与えます。 アルトマンの夢からオリジナル物語のようですね。 いやぁシェリーデュバルは、本作でカンヌ映画祭の女優賞を受賞しています。 いやぁこんな余韻の映画は、初めてでしたね。ある意味挑発的不気味な作品です。 はっきり言ってアルトマン作品群の中では 「ポパイ」や 「クィンテッド」に続く失敗作の系譜です。観客を煙にまくという意味で。 ラストは自分なりの解釈で私も謎胸騒ぎな本作をおさめました。 さて ロバートアルトマンが魅せる 三人の女 ぜひこの挑発作品に挑戦してみては? 追伸 アルトマンは、本当に個性的な作品を撮りますね。アメリカの映画監督ですが、感性は、ヨーロッパの監督のようなセンスを感じます。 ○TAYAで売ってる「バードシット」 「アルトマンのイメージズ」 「ストリーマー」などまだまだアルトマンの失敗作群見てみたいと思ってます。 あと、ビデオ発売されてた「ボウイ&キーチ」DVD化お願いします。

  • wal********

    5.0

    真の傑作

     1つの、ストーリー性のある映画として観るとはぐらかされる。 ただ、主演女優3人の演技、演出、撮影、トリッキーな映画内の趣向が確固として確立していて、お話は相当に邪悪な雰囲気をかもし出すはず、なのに最後まで自然と画面に見入ってしまう。 全編に渡って作為的な悪意が感じられない。何かこの映画内の世界だけ自然の摂理が変わっているのじゃないかと錯覚させてしまう。 これは映画ではなく一貫したテーマのある数枚の絵画の個展として見れば分かりやすい。 映画という表現媒体の可能性を高めた真の傑作。 同居人が元の家主の人格を侵食していくという話なら、バベット・シュローダー監督の 「ルームメイト」の方が娯楽映画として、こっちは作為的な邪悪さが楽しめる。

  • man********

    5.0

    悪夢をさまよう

    アルトマンが見た夢を基にした作品らしいが、とにかく悪夢のような内容。 見るとうなされます。 でも癖になる。

  • fbx********

    5.0

    狂気の傑作

    夢見が悪くなる気持ち悪い傑作。 作品にはびこる恐怖は、細菌の如く。 アルトマンの隠れた傑作!必見!

  • チーズ

    4.0

    ひりひりした笑い

    以前初期のアルトマンのイメージズという映画をみたことがあって後期の円熟味にはまだ至らない生硬な雰囲気に圧倒されたんだけど、この作品もすごかった。(生硬だけど、未熟では決してなくて、とぎすまされてる感じ。)音楽、美術(壁画もだし、黄色を基調としたあの部屋の感じ。。黄色ってそういう色なんだろうか。。「ローズマリーの赤ちゃん」でも黄色のポイントカラーがずっと気になっていたのだけど。。)、そして三人の女優たち。(特に「シャイニング」のシェリー・デュヴァルと「キャリー」のシシー・スペイセク)本当に不気味でずっとひきこまれてみてしまった。あの不安を駆り立てるような音楽は、60年代とか70年代の日本映画で、大げさなおどろおどろしい音にすごくおびやかされたりするあの感じと通じるものがあった。

  • yos********

    2.0

    深層心理

    ピンキーがとても幼く見えた、ミリーは人が困った時に情があった。

1 ページ/1 ページ中