ここから本文です

幸福(しあわせ) (1964)

LE BONHEUR/HAPPINESS

監督
アニエス・ヴァルダ
  • みたいムービー 48
  • みたログ 172

3.71 / 評価:62件

喜劇のような悲劇!?悲劇のような喜劇!?

  • AQUARIUM ☆彡 さん
  • 2010年1月7日 1時28分
  • 閲覧数 779
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

これ、観た人みなさん、納得したのでしょうかね?
私は納得しなかったなぁ~

というのは監督が、それを意図したように
私には思えたからです。

主人公のしたこと、いくら綺麗な言葉で飾っても
なんだかな~とはたぶん誰しも思うことで

まとめ方もちょっと
皮肉っているように取れたのですが

みなさんはどうだったのでしょうか?
私はいつも、観た映画に関しては

自分のレビューを書いてから、
みなさんのを読ませて頂いてるので、

でもあの最近上映された「アニエスの浜辺」の
あのお茶目なおばさんの

若かりし頃の映画ですよね。
一筋縄ではいきそうにない感じが、私はするのですが

それは私がひねくれすぎ!?

書き終わって、みなさんのレビューを読ませて頂くのが
ちょっと楽しみです。

45年以上前の映画ですか~

遠近法を上手く取り入れているところが
かえって斬新ですね。

ピントが合ったりぼやけたりの構図

物語の方向性を示す看板等のカット挿入
カット割りも、大変工夫されている

写真撮りの表現の仕方も
やっぱりあの粋なおばちゃんだ!

(ほんとは80なので、おばあさんですが
 見た目、若いんですよ~)

古くさくなく斬新に写るのは
テクニックとしての技法ではなく

表現したいものの
一つの形の表れ・手段だったからでしょう。

音楽に映像をのせる感じは
PVを観ているようで、ほんとに幸せいっぱい。

どうなるかと思ってずっと観てました。

あの肝心なシーンも、一瞬でしたね。
真相は分からぬまま??

最後のシーンでの音楽、
やけに大きかったような気がします。

私は皮肉っぽく取れたのですが、
みなさんの真相はいかに?

いやほんと、映像は美しいんですよ。
過去の作品にオマージュを捧げているだけはある。

でもね、やっぱり最後が気になるのですよ~
私としましては。。。

さてここらで、
もうみなさんのレビューを読んでみましょう!

ということで

私のレビューらしからぬレビューは
ここではおしまいです♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ