ここから本文です

幸福(しあわせ) (1964)

LE BONHEUR/HAPPINESS

監督
アニエス・ヴァルダ
  • みたいムービー 48
  • みたログ 172

3.71 / 評価:62件

なるほど

  • mar******** さん
  • 2019年4月17日 18時25分
  • 閲覧数 684
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず映像が綺麗。
無造作に見えて計算され尽くしている美しい景色と色彩。それだけでも、私には観る価値ありました。
夫が浮気して、でも妻も変わらず愛していて、嘘がつけないなんて言って身勝手に告白して妻が自ら死を選ぶ。と言うのは前もって知っていて観ました。
発作的に死ぬのか、死んで遺された夫と愛人に罪の意識の爪痕を遺すつもりだったのか?そんなところが動機がと思ったけど、描かれたその先を観て、私なりの解釈ができました。
妻の変わり果てた姿を前に悲しさに打ちひしがれてるように見えたけど、男はすぐに立ち直って、愛人と変わらぬ関係を続け、家族で訪れ、また死を選んだ森へも平気で家族で出かけていく。
なんだこの男、呪ってやりたい、とムカムカしながら、はたと思いました。そんな男を愛していた絶望から死を選んだのだはないかと。
そんな絶望男がどんなにしあわせとか言っても所詮絶望男だし、その男に愛されている女もちっともしあわせじゃないじゃん、タイトルの幸福は、痛烈な皮肉なのだろうなと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ