ここから本文です

幸福の条件 (1993)

INDECENT PROPOSAL

監督
エイドリアン・ライン
  • みたいムービー 54
  • みたログ 1,072

3.20 / 評価:241件

最初にお断りしますが、甘目点数です

  • tokyo_sy*** さん
  • 2020年3月22日 21時13分
  • 閲覧数 1076
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビュー1683作品目。J-COMは、ザ・シネマチャンネルにて視聴。

ストーリーは単純明快。ヒネリ無し。

・愛し合う夫婦が、非常に財政難。命の次に大切な自宅も転売されそう
・超セレブのおじ様(イケシブメン)が「妻を一晩買う」と

で、葛藤やら何やらそれやらあり、

・妻、夫の為に(が全てでは無いかもだが)セレブのトコに
・何やかや乗り越え、妻は夫とこれからも二人で生きて行く
・残されたセレブ叔父様、ショボーンとしながらもニッコリ

何の深みもねえええええ。

が。甘目なのは・・・
私が還暦前の主婦である事。そう、団塊の世代に取ってアランドロンが特別な存在の様に、私達の年代に取ってロバートレッドフォードは特別。

今で言うなら・・そうだなあ、誰だろう。居ないな。

悪役をやろうが何をしようが、ベビーフェイスな甘い顔のハンサムで
何を頑張っても「善人面」のロバート。
その、生涯王子様の彼が「人妻をお金で買おうとするセレブ男」の役。
うん、良いですね。
また、高みからの余裕なのか、彼女が夫の元に戻ったとしても余裕の笑み。
うーん深い。

デミムーアも美しい。
イベント会場で、高級チョコ(ゴディバかな)を大量お持ち帰りする所も、クスリとさせられる。

まあアレです。
特に新鮮さも無い、「真実の愛とわー」な単純な映画なれど、
配役の妙で深みが増している感じかな。

★2.5スタート、配役プラス★1、四捨五入して結果として★4

ハイ。滅茶苦茶甘目です。でもまあ、こんなトコで一つ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ