ここから本文です

幸せの向う側 (1991)

DECEIVED

監督
ダミアン・ハリス
  • みたいムービー 5
  • みたログ 100

3.05 / 評価:19件

一見引き込まれる所はあるが

  • jaguarcom007 さん
  • 2008年6月25日 8時56分
  • 閲覧数 439
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

よく考えてみると、他の投稿者の言う様に
現実感のないストーリーに終わっている

交通事故で亭主が事故死?の所から
少しづつネタバレ風になってくるが、
社会保険事務所からの不可解な電話のあとから
話の展開は確かに盛り上がりは見られる
この人は一体誰なのか、というところは
話の核心部分であろう

しかし、最初の出会いの必然性のなさ
身体を張ってもで拘った、あのペンダントは
一体どういう意味があるのか?
館長殺しのアリバイは?、など
随所に現れる雑な点が、ポイントを下げている

ただジョン・ハードの無機質な表情は
話にとても良くマッチしている

確かにこの頃はこういう、サスペンス~サイコスリラー
の全盛期であった
「ゆりかごを揺らす手」、「不法侵入」、「危険な情事」、
「愛がこわれるとき」、「隣人」、
「マコーレイカルキンのthe good boy」(邦題は忘れた)、、、

普通の人はこんな目にはほとんど遭わないし、
こんなことをしようとは思わない訳だから、
現実感がないのが当たり前かもしれないけれど、、、

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ