ここから本文です

シーウルフ (1980)

THE SEA WOLVES/THE SEA WOLVES: THE LAST CHARGE OF THE CALCUTTA LIGHT HORSE

監督
アンドリュー・V・マクラグレン
  • みたいムービー 4
  • みたログ 27

3.15 / 評価:13件

視点を換えて観ると興味深い

「ワイルド・ギース」のアンドリュー・V・マクラグレン監督の下、「オーメン」のG・ペックや三代目ジェームズ・ボンドのR・ムーアをはじめ、D・ニーヴンなど往年のスター勢ぞろい.
興味深いのはイギリス植民地インドの描き方。カルカッタ軽騎兵隊(カルカッタ・ライト・ホース)」の退役兵の厚遇振り。当時の日本とは違い過ぎ。

印度は「東洋におけるイギリスの兵舎」印度人の税金で大英帝国の為に世界中で使用される。
「本国諸経費」退職職員の年金及びイギリスにおける印度統治費用を支弁する為イギリスへ送金される。
イギリス領インド帝国は「イギリス国王の王冠にはめ込まれた最大の宝石」とも表現された。1900年、カーゾン提督は、以下のように述べることでインドの重要性を訴え。"我々は、インド以外の全ての植民地を失っても生き延びることができるだろう。しかし、インドを失えば、我々の太陽は没するであろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ