ここから本文です

シー・オブ・ラブ (1989)

SEA OF LOVE

監督
ハロルド・ベッカー
  • みたいムービー 50
  • みたログ 795

3.52 / 評価:214件

退屈な展開

  • おりゅうの助 さん
  • 2013年6月6日 7時27分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

(ストーリー)
ニューヨーク市警のベテラン刑事フランク(アル・パチーノ)は、ある日全裸の男性がうつぶせになって銃で撃ち殺される、という一風変わった殺人事件を担当することになった。やがてフランクはシャーマン(ジョン・グッドマン)という刑事の訪問をうけ、同様の手口の殺人事件が凶行されたこと、そしてそのどちらの犠牲者も独身向け雑誌に詩を使って恋人募集の広告を出していたことを知らせる。こうして2人はコンビを組んで捜査するようになるが、間もなく3人目の犠牲者が発見され、フランクとシャーマンはその雑誌に同様の広告を載せて、おとり捜査を開始することにした。

(感想)
アル・パチーノの出演作初鑑賞。
有名な俳優とだけあって、格好いい。
今作では最愛の妻に逃げられどこか哀愁漂いつつも、肝心な場面では鋭さを見せる刑事の役を見事に演じた。
この映画は彼が49歳の時に撮ったものだが、こんな渋くてカッコいい中年になりたいものだと感じた!!

映画の方は意外な展開がウリのサスペンスだが、正直そんなに驚かされる事もなくて退屈な展開だった。事件現場で必ず流れているという「シー・オブ・ラブ」のレコードの謎も最後まで明かされることなく意味不明。
アル・パチーノがハマリ役だっただけに勿体無い。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ