レビュー一覧に戻る
JFK

JFK

JFK

188

kao********

5.0

オズワルド役はゲイリー・オールドマン

ケネディ大統領暗殺事件の捜査に執念を燃やす地方検事ジム・ギャリソン(K・コスナー)の奮闘を描いた歴史ミステリー作品。 大統領暗殺における唯一の訴訟であるクレイ・ショー裁判をモデルとして描いたアカデミー賞撮影賞、編集賞を受賞した話題の作品。 とにかく、この作品は出演者達の演技が見所。 オズワルド役のゲイリー・オールドマン、フェリー役のジョーペシ、クレイ・ショー役のトミー・リー・ジョーンズ、そして癖のある名優ドナルド・サザーランドである。 彼らの演技が物語に重厚さを持たせている。 そして主人公である地方検事ジム・ギャリソンをケビン・コスナーが好演しました。 主として、犯人とされたリー・ハーヴェイ・オズワルド、CIA、マフィアや大物の政治家がケネディ暗殺の犯人あるいは黒幕らしいとして語られるが、この映画は独自の説に基づいて展開されおり、あまりにも荒唐無稽として当時は、関係者からは退けられていたものだった。 しかし、この映画の上映により一躍知名度を高めたことでも有名。 オリバーストーンの社会派サスペンス作品の中でも、最も光る作品でしょう。

閲覧数3,880