ここから本文です

ジェイコブス・ラダー (1990)

JACOB'S LADDER

監督
エイドリアン・ライン
  • みたいムービー 270
  • みたログ 693

3.78 / 評価:285件

ベトナム戦争で狂わされた人生

  • motorhead_lemmy さん
  • 2015年5月24日 19時25分
  • 閲覧数 1523
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

レンタルDVDで鑑賞。

この作品の存在は90年の公開時から知っていたが、初見です。
ま、当時は若かったし、観たとしても全く理解出来なかったでしょうね。

しかし、「エンゼル・ハート」や本作のプロデューサーであるマリオ・カサールは懐かしい名前ですな。
「ランボーシリーズ」や「ターミネーター2」など、多数の作品で大成功を収めたヒットメーカーですよね。
この人って、ジェリー・ブラッカイマーなんかと比べても断然、質の高い映画を制作していたし、有能なプロデューサーだったと思うけど、今は何やってんだろ?
ま、ブラッカイマーも80年代は面白い映画を多く手掛けていたとは思うけど。

で、「ER」でのピーター・ベントン役で御馴染みのエリク・ラ・サルが出演していて吃驚した!
あ、グリーン役で御馴染みのアンソニー・エドワーズなんて「トップガン」に出演しているし、そんなに驚く事でもないか。


色々と話し脱線しましたが、1回目に鑑賞した時は仕事の疲れが残っている状態で観たので、何が何だかサッパリ。
で、2回観ての感想です。

成る程ね。
「ベトナムでの戦場シーン=現実世界」
「その他のシーン=幻想、夢の世界」って解釈すればいいのか。

確かに、戦場シーン以外では奇妙な出来事の連続で、とてもじゃないが、現実の世界とは到底思えなかった。
電車の中の怪物の姿を目撃する主人公の姿や街中で歩いていて、背後から車が急襲してきたり(車の後部座席に怪物が乗っている姿が)、通院していた筈の病院で担当医すら存在していない事や自身の名前すら記録されてない事に、どう解釈すればいいのか困惑してしまった。

別れた奥さんや亡くなった息子が現れるシーンは夢だと直ぐに判るが、同棲中の恋人の存在までも幻想だとは全く気付きもしなかった。

黒人の女に手相を見てもらうシーンが重要になってくるのかな?
「あなたもう死んでるわ」の台詞に謎を紐解く鍵が隠されているんじゃないかな?
ま、改めて観てみると、頭が混乱するのは確かだけど、そんなに難解な内容でもないかも。
他にも沢山ヒントが隠されているように思う。

それでも頭の回転が早い人には直ぐに解ってしまうと思う。

で、果たして軍が秘密実験を行なったという真実はあるのだろうか?
最後のテロップでは、国防省は否定したようですが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ