ここから本文です

シェルブールの雨傘 (1963)

LES PARAPLUIES DE CHERBOURG/THE UMBRELLAS OF CHERBOURG

監督
ジャック・ドゥミ
  • みたいムービー 409
  • みたログ 1,872

3.85 / 評価:698件

ボサノバ っぽいかも

  • vap***** さん
  • 2020年6月12日 23時51分
  • 閲覧数 1061
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ルグランといえば、ジャズプレーヤーでもあるそうだが、この全編全台詞歌い上げミュージカルを観ていると、語るように唄う場面がボサノバに聞こえてきた。ポルトガル語との違いもあるが、ラテン系の言語の響きが似ているし、ボサノバがメジャーになりつつある時期とも重なる。BGMもラウンジ・ミュージック的でアントニオ・カルロス・ジョビンみたい。最初はエッ-!と思ったが、そのうちに心地良くなってきた。もちろん、あの名曲に聴きほれた。

 ただ、この作品でひとつどうなんだろうと思うのが、鮮やかでポップな色彩を全体に散りばめているのに、ストーリーは悲恋というところ。それに、傘屋の経営も苦しいというのに随分派手派手なママさん(母親役のアンヌ・ヴェルノンはドヌーブより好みでした)。雰囲気的には雨に濡れた石畳み色なんだろうけど。
切ないストーリーとの対比を狙ったのか、アルジェリア独立戦争で暗くなった世相へのエールのつもりなのか・・・

 とにかく、色々と振り切った作品で印象的。映画「ラ・ラ・ランド」が色づかいやラストの展開で似てたかな。
 ところで、ドヌーブは最後にベンツで現れるマダム姿が一番似合ってたなぁ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ