ここから本文です

潮風のいたずら (1987)

OVERBOARD

監督
ゲイリー・マーシャル
  • みたいムービー 90
  • みたログ 489

4.25 / 評価:195件

とても素敵な二人に乾杯!

  • dereck1960boy さん
  • 2009年3月31日 10時10分
  • 閲覧数 309
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

私がカート・ラッセルさんの作品で観たことがあったのは「ニューヨーク1997」と「遊星からの物体X」の2作品でした。
彼とラブコメぴったり女優のゴールディ・ホーンさんとの競演はかなり興味深く感じました。
もしかしたら凄い駄作かもという思いも無きにしも非ずでした。

カート・ラッセルさん演じるディーンは奥さんを亡くし4人の男の子を育ててるワイルドな大工さん。
ゴールディ・ホーンさん演じるジョアナは大金持ちで我ままで性格は最低最悪の子なしの人妻。
ジョアナは豪華クルーザーで立ち寄った港町でクローゼット制作をディーンに依頼したものの喧嘩になりディーンは代金も貰えず海に落とされます。
ドジって海に落ちて記憶喪失になったジョアナに復讐しようと彼女を「アニー」と呼び病院から連れ去ります。
という感じでストーリーは進んでいきます。

記憶喪失になってるものの何事も他人任せだった「アニー」とワイルド極まりないディーンとその子供たちとの次第に深まっていく「家族愛」がとても素敵です。
ゴールディ・ホーンさんはさすが!って感じでジョアナとアニー(同一人物だけど)を好演されてます。笑顔や泣き顔もとてもキュートです。
カート・ラッセルさんもワイルドだけど心優しいディーンをとても素敵に演じられてます。
子供たちや他のキャストもナイスとしか言えない感覚になる作品であります。

ストーリーが進むにつれ、瓶ビールの小瓶をラッパ飲みしたくなりましたよ。

とにかく笑って笑いまくって、次第にジーンときて、ラストは泣けちゃうハートフルコメディです。
超おすすめです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ