ここから本文です

木靴の樹 (1978)

L' ALBERO DEGLI ZOCCOLI/THE TREE OF WOODEN CLOGS

監督
エルマンノ・オルミ
  • みたいムービー 137
  • みたログ 252

3.93 / 評価:106件

解説

19世紀末の北イタリアの農村に暮らす4家族の日常と美しい風景を、自然光だけで描いたヒューマンドラマ。農作物の栽培や家畜の飼育などに汗を流し、教会へ通い、子供が生まれたり結婚したりするなか、ある悲劇が訪れるさまを映し出す。『聖なる酔っぱらいの伝説』などのイタリアの名匠、エルマンノ・オルミがメガホンを取り、出演者は、舞台となったベルガモに暮らす農民たち。ドキュメンタリーのようなリアルな描写と、貧しいながらもたくましく生きる登場人物たちを捉えた人間賛歌に圧倒される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

19世紀末のイタリア北部ベルガモ。小作人として農場で暮らしながら働くバティスティ一家ら4家族は、土地や住居、家畜や農具などの全てを領主に借りて生活していた。ある日、バティスティー家の幼い息子ミネクの木靴が壊れてしまう。学校までの長い道のりを通う息子のために、父親は河の近くにあるポプラの樹から木靴を作ることにするが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ