ここから本文です

アナザー・カントリー (1983)

ANOTHER COUNTRY

監督
マレク・カニエフスカ
  • みたいムービー 76
  • みたログ 479

3.53 / 評価:166件

アナザーカントリー

  • kaikguuukukkii さん
  • 2012年11月12日 16時28分
  • 閲覧数 2193
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

会社でも、己を殺して生きるため、出世のため自分をいつわるわけで。

スパイになった主人公は、自分を殺し隠さないと、輝かしい栄光、社会的名誉がえられないことに、気づいた。という言葉では表現できないほど、わかってしまい、若いだけに絶望がストレートで、純粋なだけに、極端だったきがする。

ゲイとか、社会主義は小道具で、ようは、私が私でいられ、堂々と誠実に生きられる国は、アナザーカントリーだということかと、「I VOW tHEE to My country」の歌詞をみながら、ユーチューブでもう一度みると、せつない。

モーリスより、はるかにこちらが深くいい作品だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ