ここから本文です

地獄のコマンド (1985)

INVASION U.S.A.

監督
ジョセフ・ジトー
  • みたいムービー 1
  • みたログ 79

3.12 / 評価:41件

小心者の首領はついて行くのが大変

  • 怪盗軍団 さん
  • 2009年5月5日 14時30分
  • 閲覧数 830
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

 チャック・ノリス主演のなかなか面白い一本です。

アメリカの主要都市に一気にテロ攻撃を仕掛け混乱させようという壮大な計画の下テロリスト軍団が暗躍を始めるのですが、その一味の首領が切れてる凶暴野郎の癖に意外と小心者で、以前チャック演じる主人公にひどい目に合わされたことがトラウマになってます。

 彼はすでに特殊部隊を引退してるにもかかわらず、そんな彼の影におびえて、よせばいいのに、作戦遂行の前に彼を暗殺しようとします。おかげで、主人公の心に怒りの炎をともしてしまい、壮大なはずなのに、画面で見ると意外とせせこましい悪の大作戦は危機を迎えることになっていくのです。

 私はこの映画で初めて、あの南部の沼地を走り回る、後ろに大きな扇風機のついたボートを見て感動したのを覚えてます。そのボートを使ったアクションシーンはなかなか迫力がありました。

 チャックノリスという人はホントに優しそうな顔をしてて、無骨な味のある演技をする人だと思います。

 監督さんは、この後ドルフ・ラングレンを使って「レッドスコルピオン」も撮ってるジョセフ・ジトーさんでしたね。

 同じジトー監督、メナヘム・ゴーラン製作ではやっぱり「地獄のヒーロー」よりこっちのほうが私にとっては面白かったです。(南部の風景らしく明るい雰囲気がしたので、地獄のヒーローは私には雰囲気が暗すぎました。)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ