ここから本文です

あなただけ今晩は (1963)

IRMA LA DOUCE

監督
ビリー・ワイルダー
  • みたいムービー 59
  • みたログ 368

4.29 / 評価:104件

若き日の主演女優が、超キレイ!(@_@)

  • コトホギ さん
  • 2015年1月11日 8時35分
  • 閲覧数 1190
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

久しぶりに、「午前十時の映画祭」に、参戦♪
結果は、上々で、とても、楽しめました。(*^_^*)
特に、若き日の主演女優が、超キュートで、吃驚!Σ( ̄□ ̄;)
本作は、ここ↑を観るだけでも、価値があるかも

参考までに、概要を説明すると…
冒頭は、パリの街角に並ぶ、沢山の「娼婦」の姿から
その中で、ひと際、キュートなのが
本作のヒロイン=イルマ(50年前のシャーリー・マクレーン)

彼女は、かなりのやり手で
さながら、「ペーパー・ムーン」の少女の様に
相手に合わせた「嘘」で、お客から、お金を巻き上げて行く
しかし、その金は、全て、情夫の元へ

売春行為は、もちろん、違法なのだが
警官も、賄賂をもらう事で、黙認
そんな街に、生真面目な警官=ネスタ―(ジャック・レモン)が、赴任してきた事から、物語は、動き出す

彼は、街の空気を読めず、初日に、娼婦を16名、摘発した事で、署をクビに…(^_^;)
その後、ひょんな事から、イルマの情夫になるのだが
彼女が、娼婦の仕事を続ける事に、心を痛めたネスタ―は
正体を隠し、イルマの上客(スポンサー)になる事を思いつく

しかし、その金を、深夜に、肉体労働をして、稼いでいたせいで
彼女に、浮気を疑われ…とまぁ、こんな展開

なので、ラストは、その誤解が解け
「めでたし、めでたし」で、終わるのかと思いきや
ここから、話は、突拍子もなく、おかしな方向へ、飛んでしまう

まぁ、最終的には、ハッピーエンドになる訳なのだけれど
終盤の20~30分は、個人的には、要らんかったかな
後方からは、笑い声も、聞こえていたので、人によりけりだとは思うけれど
個人的には、この辺で、★が、1つ、流れてしまった。

ただ、「家宅捜索のシーン」は、「なるほどね~」と思えたので
全体を、テンポアップして
2時間位にまとめてあったら、満点に出来たかも?

キャストは、皆、好演♪
特に、若き日のシャーリー・マクレーンが、素晴らしい
キャストを知らずに観ていたら、多分、気づかなかったであろう程に、可憐で、キュート♪
緑を基調としたリボンや、ドレスも、似合っていました。
ちょっと、「キャンディーズ」の頃のランちゃんに似ていたかも?(@_@)

片や、主人公のジャック・レモンは、「マスク」の時のジム・キャリーを彷彿!
ただ、変装した姿は、眼帯をしていたせいもあり
ちょっと、「柳生十兵衛」を演じていた頃の千葉真一さんに見えてしまった。(^_^;)

本作は、若き日のシャーリー・マクレーンを観るだけでも、一見の価値あり
既に、劇場での上映は終了していますが、特に、劇場で!という作品でもないので
興味が湧いた方は、DVDで、ご覧になってみてください♪

その際、70歳の頃のシャーリー・マクレーンが、出演している
「イン・ハ―・シューズ」(2005年製作)と合わせて観るのも、一興かも?(@_@)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ