ここから本文です

地獄のデビル・トラック (1986)

MAXIMUM OVERDRIVE

監督
スティーヴン・キング
  • みたいムービー 13
  • みたログ 84

2.81 / 評価:31件

大型トラックたちの反乱

  • Julienne さん
  • 2015年7月21日 0時02分
  • 閲覧数 841
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

1986年公開のスティーヴン・キングさん
監督・脚本作品、

彗星の散乱光へ地球が入って機械や電化製品が
彗星=ほうきのごとく人類を一掃しようと反乱を
起こすっていうバイオレンス・アクション・ホラー。

大型トラック向けのドライブインで機械や大型車が
突如勝手に動き出してヒトを襲うんですけど、
無人の車や芝刈り機までもが
リモコンで操られたかのように動きます。

今のようなVFX技術がなかった当時、いかにして
運転手のいない車を走らせて見せるか、
その不思議な現象を映像表現することに
キングさんがこだわった感じがします。

当時すでにご自身の原作映画「クリスティーン」
(1983)が公開されていて、乙女心を持った
車が勝手に動くっていう物語の
セルフ・パロディ的ですけど、

のちに同じようにトラックやタイヤが襲ってくる
映画が次々と作られるはしりになったのかも
しれません。

ご自身が脚本を担当してカメオ出演もするって
いう作品のひとつで、「キャリー」(1976)や
「クリスティーン」、「シャイニング」(1997)
みたいに赤い車が登場するなんていう
共通点もキングさんならではの遊び心
っていうかサービス精神のようです。

ドライブインの店内に立てこもる様子なんかは、
のちの「ミスト」(2009)にも共通してます。


激しいカー・アクションやバズーカによる派手な
砲撃なんかはサム・ペキンパー監督の
「ゲッタウェイ」(1972)みたいな映画を
イメージして作ってる印象ですけど、
ご本人は失敗作とおっしゃってるようです。

クライマックスはめっちゃ破壊しまくりで
大爆発してストレス発散的なスカッとする
目的みたいなものを感じます。


主演はチャーリー・シーンさんのお兄さんで
エミリオ・エステベスさん、

のちにクリス・トムソン監督で「トラックス」
っていうタイトルで98年にリメイク作が
公開されてます。

原題は「MAXIMUM OVERDRIVE」
(最大限のオーバードライブ)で、
「デビルトラック」は最初にドライブインに現れた
常連客の大型トラックの、正面に施した
悪魔の装飾が印象的なのでそこから勝手に
邦題をひねり出しちゃったみたいです。

AC/DCのハードロックが妙に
大型トラックたちにマッチしてました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ