シシリーの黒い霧

SALVATORE GIULIANO

124
シシリーの黒い霧
3.0

/ 35

11%
14%
49%
17%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(11件)

不気味31.3%恐怖18.8%絶望的18.8%切ない12.5%知的12.5%

  • 一人旅

    3.0

    死の背後に潜む巨大な影

    第12回ベルリン国際映画祭監督賞。 フランチェスコ・ロージ監督作。 イタリアの鬼才:フランチェスコ・ロージが監督を務めた実録サスペンスで、シチリアの独立義勇軍の闘士であり義賊としても名を馳せた実在の人物:サルヴァトーレ・ジュリアーノ(1922-1950)の死の真相に迫ります。 終戦後の1950年に射殺されたサルヴァトーレ・ジュリアーノの謎に包まれた死の真相を、数多くの関係者たちの証言や記録を基に、過去と現在を交錯させながら描き出していく戦後イタリア(シチリア)解剖録で、二次大戦末期から終戦後にかけてのイタリア国内の不穏な情勢が如実に反映されています。 終戦直後の混乱期の中で、シチリア独立のため山賊団を率いて闘ったサルヴァトーレ・ジュリアーノ殺害事件を巡る刑事裁判の行方を軸に、“当時のシチリアで何が起きていたのか”を紐解いていく内容となっていて、独立義勇軍、憲兵、警察、マフィア、一般市民…とシチリアにおける各勢力の思惑と関係性が複雑さを帯びながら明らかにされていきます。 サルヴァトーレ・ジュリアーノの死とその後の裁判を通じて、大戦末期~終戦後のシチリアの不穏な空気感覚を現出させていて、シチリア独立のために闘い貧者から慕われていた一人の男の死の背後に潜む巨大な影の気配が絶えず不気味な感覚を作り出していますし、明快なドラマ性を排したドキュメンタリータッチの画作りも物語の真実味を高めています。

  • abu********

    3.0

    まずまず

    白黒映画ですが、映像的には迫力があり見応えがありました。 ただちょっと全体像がわかりにくい。 背景の予備知識を持って鑑賞するのが良いですね。

  • aki********

    4.0

    色褪せない

    画像は本当に鮮明(°д° )!! 内容も演出も完璧

  • yok********

    5.0

    秀作。

    最初は画像も悪く、よくわからない展開で頭が混乱していましたが、観るほどに映画に込めた監督の熱い思いが伝わってきました。シシリー島の闇の深さに良き市民等がまきこまれてゆく様など、巧な演出でサスペンスでありながら、社会派群像劇映画でした。

  • じぇろにも

    3.0

    ネタバレ’50 男の死体の検証

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ベルリン国際映画祭第12回

監督賞

基本情報


タイトル
シシリーの黒い霧

原題
SALVATORE GIULIANO

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日
-

ジャンル