ここから本文です

私生活のない女 (1984)

LA FEMME PUBLIQUE

監督
アンジェイ・ズラウスキー
  • みたいムービー 1
  • みたログ 25

3.40 / 評価:5件

アンジェイ・ズラウスキーが変わった?

  • z03***** さん
  • 2009年4月17日 9時48分
  • 閲覧数 464
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作「ポゼッション」までは、人間の欲望と摩訶不思議な世界が、モンタージュによって見事に表現されていた。
ところが、亡命しフランスに来てから、作風が変わった。
ゴダールやトリュフォー、ベルトルッチが映画の作る過程と挫折をいろいろな形で描いたのに似て、映画の制作過程とスキャンダルな愛を描いた。この後、スキャンダルな愛がメインになって行く。それにしても、毛が沢山出て来る(笑)映画だ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ