レビュー一覧に戻る
七年目の浮気

七年目の浮気

THE SEVEN YEAR ITCH

104

jir********

3.0

終始妄想

ビリーワイルダー監督が好きなのですがこれはいまいちですね 主人公が妄想男なのですが終始笑いのパターンがそれ一つなので正直飽きてきます これは一体何をやりたいのかな?何が見せ場なのかな?マリリンモンローのセクシーさかな?と考えを巡らせつつ見ていたのですが、ラスト辺りの彼女の言葉で分かりました そして興ざめしました 「私はイケメンで自信満々の男は好きじゃなくて、パーティーの端っことかにいる優しそうな男の人が好き」 とか言うのです ・・・はい、これは今旺盛を誇っている、モテない男に向けたハーレム映画と一緒ですね 私は観客をあんまりバカにすんなよ、と思いましたが どっからどう見てもマリリンモンローはそんな男を好きそうになんか見えないのが又痛ましいんです お前口先だけで台本通りに言ってるだけじゃねーか!という雰囲気が全く隠せていません でも妄想が現実と同じ描写で描かれる、、というのはこれが初めてなのかもしれません 後のうる星やつらの諸星あたるとか、中学生円山とかの妄想の方法の基ですね 当時は新しかったのかもしれません モテない男が作中であれこれ妄想する、しかし更にその作品自体も妄想という二重構造です マリリンモンローのファンの人意外はそんなに楽しめないんじゃないでしょうか ププッピドゥー

閲覧数2,553