ここから本文です

GIブルース (1960)

G.I. BLUES

監督
ノーマン・タウログ
  • みたいムービー 0
  • みたログ 25

3.33 / 評価:3件

ビートルズとの因縁

  • 三村一樹 さん
  • 2015年3月12日 17時19分
  • 閲覧数 247
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作を「アンソロジー」の本でポールは「ブルー・ハワイとG・I・ブルースは見に行ったけど僕らの望むエルヴィスじゃなかった」そしてジョンは「軍隊後の映画は「監獄ロック」とかと比べると駄作だ」と語っています。
61年2月14日のバレンタインデーの本拠地・リヴァプールのキャヴァーンでバレタインライヴを行いポールが本作の挿入歌で日本・イギリスでシングルカットされた「さらばふるさと」を歌いマントを纏い、それには「ジョン・ポール・ジョージ・ピート(リンゴの前のドラマー)」と書かれたハート型のマークが縫い付けてありました。演奏後、ポールは選ばれたファンにマントを進呈しようとしましたが興奮したファンがポールに駆け寄り、たちまちファンたちがなだれ込んで大混乱になりジョージとポールは壁際に追い詰められジョンは押し倒されました。オーナーは危険を悟りしばらく幕を閉めました。
このように本作とビートルズには因縁があります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ゴージャス
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ