ここから本文です

KING OF PRISM by PrettyRhythm (2016)

監督
菱田正和
  • みたいムービー 87
  • みたログ 947

4.45 / 評価:855件

プリズムストーンは居酒屋じゃない

  • shi***** さん
  • 2016年1月21日 9時23分
  • 閲覧数 4220
  • 役立ち度 33
    • 総合評価
    • ★★★★★

あまり好きではないです。
男なのでメインターゲットから外れているからかもしれませんが、好きだったレインボーライブの世界を台無しにされた気分です。

まず、プリティーリズム・レインボーライブの続編としての不満点がたくさんあります。
聖と冷が閉店後のプリズムストーンで酒を飲み、タバコを吸うシーンがあります。彼らはプリズムストーンがどんな場所なのか分かっているはずなのに、なぜそんなことをしたのでしょうか。プリズムストーンが経営の方針を変えたのだとしたら、なるたちが実現させたものがなくなってしまったように思えて非常に残念です。
また、シンがオーバーザレインボウの3人に「どうやったらいいショーができるか」と聞いた時、シリーズを通してくり返し語られてきた「心のきらめき」という答えを期待したのに、「仲間だ」というまったく違った答えが返って来たのには肩すかしを食らった気分です。これではテーマが連続していません。新しいキャラクターを登場させて新しい話を始めるなら、ちゃんとレインボーライブからのバトンタッチを感じられるようにしてほしかったです。
二点だけあげましたが、他にも細部に配慮が行き届いていない演出が目立っていて、続編として必要なプロセスを踏んでないように思いました。

一本の映画としてみても、主役のシンの感情や行動が唐突な場面が多く、なぜ彼が最後にみんなを笑顔にするショーができるようになったのかという説得力が感じられませんでした。エーデルローズのメンバーをこんなに増やすぐらいなら、シンの感情の流れにもっと焦点を絞って欲しかったと思います。
中盤の盛り上げどころになっているカヅキとアレクサンダーのダンスバトルは本筋であるシンの話にまったく関係なく、そのふたつの話を繋げるような展開もありません。つまり、本作は一本では物語として成立してません。映画という形態で公開するのなら、映画らしいストーリーテリングをして欲しいです。
せめてクライマックスにあたるシンのショーが見応えあるものになっていればいいのですが、「プリズムライブ」と言いつつプリズムライブらしい描写がなかったこと(間違いでした。「追記3」参照)、一言のフォローもなくヒロとカヅキがバックダンスにつくことで置いてけぼりを食らった気分です。
プリティーリズムの魅力は、お話のテーマやキャラクターの感情がショーという形で結実する瞬間のカタルシスにあると思っていたので、きちんとした積み重ねがないまま「なにかすごいことがおきている」という描写だけされても、プリティーリズムらしい感動はできないと感じました。

続編ありきの構成になっているようですが、レインボーライブの続編として、テーマを継承した作品であって欲しいと思います。
レインボーライブのシリーズ構成を担当した井内秀治氏か坪田文氏が参加してシナリオを担当してくださるなら、観に行こうと思います。

追記1。
画面のサイズがテレビ用の16:9でしたが、最初から映画として作っておらず、OVA用に作成したものを劇場にかけているのなら素直にそう言って欲しかったです。

追記2。
入場特典の投票券から感想を送りつけようとして愕然としました。
プリズムキングカップは「もっとも女の子をキュンとさせた男子スタアが優勝する」とのことですが、ということは、かつて聖・仁・冷の三人が競ったときも同じように女子をキュンとさせるための勝負をしていたということでしょうか。
なるやべるたちがジュネに挑んだオーバーザレインボーセッションもその反転として、男を喜ばせるためのショーを競っていたのでしょうか。(世界は違うことになっていますが、オーロラドリームのプリズムクイーンカップも?)
何の気なしに書いた一文かもしれませんが、プリティーリズムのテーマを矮小化しているように感じられます。男子スタアのショーを男が見て楽しんでもいいじゃないですか。それとも、男だから楽しめなくても当然ということでしょうか。そのつもりなら、はっきり言って不愉快です。

追記3。
シンがショーの途中で行ったのは「プリズムライブ」ではなく、「プリズムラッシュ」であるという指摘を受けました。単純な聞き間違いで勝手に怒ってしまってすみません。この点については修正します。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ