ここから本文です

MOOSIC PRODUCTS!/労働者階級の悪役 (2012)

監督
平波亘
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

未評価

解説

音楽映画祭「MOOSIC LAB 2012」の若手監督たちがその腕を競い合う「MOOSIC PRODUCTS!(新作競作部門)」に出品された意欲作。『青すぎたギルティー』の平波亘が監督と脚本を担当し、ひどい状況の中でこき使われる工場労働者たちの不幸とささやかな願いをモノクロームの映像で描き出す。京都で活動を続けるミュージシャンの松野泉や、「FUJI ROCK FESTIVAL」にも出演したバンド「埋火」の見汐麻衣らが共演を果たし、独特の世界観を醸し出す。やるせない世界に射す一筋の希望の光に救われる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

とある工場では劣悪な条件のもと、労働者たちが酷使されていた。そのメンバーの一人である和泉(松野泉)は、その状況下でなかなかやる気をみせない彼らを鼓舞するため、毎日プロパガンダ・ソングを歌うことを強制されていた。そんなある日、彼は森で悪漢に襲われていた女性と出会ったことにより、再び人生に喜びを見いだしていく。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ