ここから本文です

URAMI ~怨み~ (2000)

BRUISER

監督
ジョージ・A・ロメロ
  • みたいムービー 7
  • みたログ 50

2.75 / 評価:16件

仮面で本性を

  • オーウェン さん
  • 2017年12月9日 9時51分
  • 閲覧数 124
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

気のいいヘンリーはわがままで強欲な妻や、ワンマンな編集長。
友人と思っていた男に運用資金をだまし取られるなど不幸続き。
鬱屈した思いのまま、ある日目覚めると白い仮面に顔を覆われていた。

ジョージ・A・ロメロがゾンビ以外に監督している珍しい作品。
虐げられていた男が仮面によって変わるという点でジム・キャリーの「マスク」と似ている。
違うのはこちらは恨みを抱いた人間に復讐を仕掛けること。

真実を見せずに別の顔を社会で見せるというのはよくあるが、そこに対してロメロは答え付けをしない。
ジェイソン・フレミングを充てたのも小心者を際立たせる効果がある。

でもB級に落ち着くのは他のロメロ作品と違い余韻がないことかもしれない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ