ここから本文です

みたいムービー

712件/25件中
  • リミッツ・オブ・コントロール (2009)

    THE LIMITS OF CONTROL

    監督
    ジム・ジャームッシュ
    出演
    イザック・ド・バンコレ
    • 269
    • 518

    3.38 / 167件

    鬼才ジム・ジャームッシュが『ブロークン・フラワーズ』以来、約4年ぶりに放つ新作。スペインを舞台に、ある任務のためにさまざまな街を巡る謎の男の不可思議な旅を幻想的な映像とともにつづっていく。主演はジャームッシュ作品の常連俳優イザック・ド・バンコレ。ビル・マーレイ、ガエル・ガルシア・ベルナル、工藤夕貴らも出演している。色彩の国スペインでオールロケを慣行して描き上げた、色鮮やかな映像世界が見どころ。

  • キャピタリズム マネーは踊る (2009)

    CAPITALISM: A LOVE STORY

    監督
    マイケル・ムーア
    出演
    マイケル・ムーア
    • 238
    • 593

    3.81 / 219件

    『ボウリング・フォー・コロンバイン』のマイケル・ムーア監督が、キャピタリズム(資本主義)支配下の経済問題に迫るドキュメンタリー。巨大企業が利益を追求すると、世界にどのような影響が出るのかを検証する。デビュー作『ロジャー&ミー』で元GM(ゼネラル・モーターズ)会長に突撃取材を敢行したムーア監督が、GMが破綻した20年後の今、生活を支配する経済をテーマに選択。原点に立ち返ったムーア監督の覚悟と怒りが熱く伝わる。

  • サイドウェイズ (2009)

    監督
    チェリン・グラック
    出演
    小日向文世
    • 211
    • 645

    3.26 / 210件

    2004年のアレクサンダー・ペイン監督作ハリウッド映画『サイドウェイ』を、海外スタッフのもと小日向文世と生瀬勝久の主演でリメイクした大人のコメディー・ドラマ。ワインの産地、カリフォルニア、ナパ・バレーを舞台に、さえない40代の男二人のパッとしない人生が少しずつ動き出していく様をていねいに描く。二人の男の相手役には、日本を代表する女優、鈴木京香と菊地凛子。カリフォルニアのみずみずしい風景と、甘くほろ苦い言葉の数々がじんわりと心にしみる。

  • サンシャイン・クリーニング (2008)

    SUNSHINE CLEANING

    監督
    クリスティン・ジェフズ
    出演
    エイミー・アダムス
    • 383
    • 1,416

    3.63 / 376件

    2006年アカデミー賞2冠に輝いた『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデュースチームが手掛ける心温まる人間ドラマ。人生の負け組だった姉妹が新しいビジネスを通して成長し、ぶつかり合いながらもきずなを深めていく様子を繊細(せんさい)につづる。『魔法にかけられて』のエイミー・アダムスが生活に疲れた姉を好演。その妹を『ジェイン・オースティンの読書会』のエミリー・ブラントが演じている。誰もが観た後少しだけ笑顔になれる元気印の感動作。

  • 蟹工船 (2009)

    監督
    SABU
    出演
    松田龍平
    • 247
    • 714

    2.56 / 276件

    プロレタリア作家、小林多喜二の同名小説を映画化した衝撃的な人間ドラマ。カニの缶詰を作るために船に乗せられた労働者たちが、劣悪な環境の中から立ち上がる姿を描く。『幸福の鐘』『疾走』のSABU監督がメガホンを取り、スタイリッシュでシュールなテイストの新しい「蟹工船」が誕生した。労働者の一人を松田龍平、そして労働者をこき使う冷酷な監督を西島秀俊が演じる。支配下に置かれる労働者たちが躍動感を持って描き出され、今も共通する恒久的なメッセージが心に響く。

  • みんなのしあわせ (2000)

    LA COMUNIDAD

    監督
    アレックス・デ・ラ・イグレシア
    出演
    カルメン・マウラ
    • 6
    • 45

    3.08 / 13件

     不動産会社で分譲アパートのセールスをしている中年女性ジュリア。なかなか思うように成績が上がらず少し落ち込み気味。そんなある日、ジュリアはひょんなことからとあるアパートに住む一人暮らしの老人の死に遭遇する。しかしこの老人、なんと3億ペセタもの大金を20年もの間隠し持っていたのだ。ジュリアは偶然その事実を知り、アパートからの持ち出しを図るのだった。が、同じアパートの住人たちもその大金の存在を知っていた。しかも彼らはこの20年、老人が死ぬのを今か今かと待ちわびていたのだった……。

本文はここまでです このページの先頭へ