ここから本文です

『ときめき・プリンセス婚活記』シム・ウンギョン×チェ・ウシクの特別映像公開

クランクイン!

2018年12月7日(金) 19時10分 更新

映画『ときめきプリンセス婚活記』場面写真

映画『ときめきプリンセス婚活記』場面写真

(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JUPITER FILM, ALL RIGHTS RESERVED

 韓国の人気女優シム・ウンギョンと、“元祖・国民の弟”イ・スンギがダブル主演する映画『ときめき・(ハートの絵文字)プリンセス婚活記』から、主人公の王女がチェ・ウシク演じる花婿候補の男性と密かに接触し、本人の前で朗読バイトする本編映像が解禁された。

 本作は、朝鮮王朝の英祖29年(1753年)を舞台とし、結婚の相性を占うカリスマ占い師ソ・ドユン(イ・スンギ)と純度100%の王女ソンファ(シム・ウンギョン)の恋愛模様を描いた時代劇ラブコメディ。記録的な干ばつに見舞われた国で、国王は陰陽の均衡の崩れを元通りにするべく、婚期を迎えた王女と最高の相性を持つ花婿との婚礼を決断。かくして前代未聞の国を挙げた一大婚活プロジェクトが始動する。

 公開された本編映像では、宮中を抜け出したソンファが、親孝行でマナーのよい花婿候補のひとりナム・チホ(チェ・ウシク)の素顔を知るべく、寝たきりの母親の前で朗読の仕事をこなす様を活写。落ち着いた声でゆっくりと小説を読み上げるソンファをほほ笑みながら見つめ、貧しい人たちへの思いを吐露するナム・チホに向かって、ソンファが「天も感服するほどの素晴らしい心がけですね」と心動かされる姿を確認できる。しかし、ナム・チホには微笑ましい優しい笑顔の裏側に致命的な欠点が存在するという…。

 シム・ウンギョンとチェ・ウシクは、ヒット・ホラー『新感染 ファイナル・エクスプレス』で最初の感染者と野球部員をそれぞれ演じており、韓国映画界注目の若手俳優2人がみせるラブコメの“相性”に期待が寄せられている。

 本作はアニメのような作品タイトルも話題となっているが、配給元の宣伝担当者は、「ピュアで世間知らずな王女の前にクールで真面目なカリスマ占い師、3人のイケメン候補が登場し、様々なラブロマンスが展開される“時代劇ラブコメディ”という事で、韓国映画はもちろん、韓国ドラマファンの方に興味を持っていただける題材だと思ったことから、邦題にも韓国ドラマ、特にラブコメ物の要素を取り入れました。韓国ラブコメドラマには『ハート』等の絵文字が使われるタイトルも多い事から、本作にも『ハート』を取り入れてみました」と語っている。

 映画『ときめき・プリンセス婚活記』は12月8日より全国公開。

本文はここまでです このページの先頭へ