ここから本文です

クリント・イーストウッド次回作、列車テロを阻止した米軍人らを描く!

シネマトゥデイ

2017年4月21日(金) 19時20分 更新

次回作も衝撃の実話ベース! - Matthew Eisman / Getty Images

次回作も衝撃の実話ベース! - Matthew Eisman / Getty Images

シネマトゥデイ

 クリント・イーストウッド監督の次回作は、2015年に国際特急列車で大規模テロを阻止した米軍人ら3人を題材にした作品になりそうだ。Deadlineが報じている。

 米ワーナー・ブラザースの下で進められている本企画は、2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの国際特急列車タリスの車内で、銃を発砲したイスラム過激派の男を取り押さえ、大惨事へと発展するのを防いだ乗客の米軍人アレク・スカラトスさん、スペンサー・ストーンさん、米大学生アンソニー・サドラーさんの3人が、作家ジェフ・E・スターンとともに執筆した著書「The 15:17 to Paris: The True Story of a Terrorist, a Train, and Three American Heroes」を原作に、イーストウッド監督がメガホンを取るというもの。

 新人のドロシー・ブリスカルが脚本を執筆済みで、イーストウッド監督は『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』などでもタッグを組んだティム・ムーアらとともにプロデュースも担当する。イーストウッド監督はすぐにも本作のキャスティングに取りかかり、年内には撮影を開始させる予定だという。公開時期などは明らかになっていない。航空機事故で全旅客を救った機長を描いた前作『ハドソン川の奇跡』に続いて、衝撃の実話ベースの次回作に期待が高まる。(編集部・石神恵美子)

本文はここまでです このページの先頭へ