ここから本文です

ロバート・レッドフォード俳優引退作『THE OLD MAN & THE GUN』公開決定

クランクイン!

2018年12月7日(金) 20時30分 更新

ロバート・レッドフォード俳優引退作『THE OLD MAN & THE GUN(原題)』場面写真

ロバート・レッドフォード俳優引退作『THE OLD MAN & THE GUN(原題)』場面写真

(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

 名優ロバート・レッドフォードの俳優引退作『THE OLD MAN & THE GUN(原題)』が、来年夏に公開されることが決定した。レッドフォードは本作で第76回ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)にノミネートされている。

 本作は、実在した伝説の銀行強盗犯フォレスト・タッカーを描くクライム&ラブストーリー。タッカーは度重なる銀行強盗とそれによる逮捕と脱獄を繰り返していたものの、発砲もせず暴力もふるわない、従来の強盗のイメージとは異なる礼儀正しい紳士的な老人だったという。タッカーを演じるレッドフォードは「脚本を読んだ時に、あまりに面白く、まるで夕日に向かって消えていくガンマンのイメージだと思い、これなら最後の作品にふさわしいと思った」と語る。

 タッカーを追う若き刑事ジョンをケイシー・アフレックが演じるほか、オスカー女優のシシー・スペイセク、ダニー・グローヴァー、ミュージシャンのトム・ウェイツが出演する。監督は映画『ア・ゴースト・ストーリー』のデヴィッド・ロウリー。

 今作はアメリカで9月28日に限定5館で公開がスタートした後好評を博し、10月19日には1042館にまで拡大。ゴールデン・グローブ賞主演男優賞のほか、「National Board of Review 2018」でトップ10インディペンデント映画に選出、「2018 Satellite Awards」では主演男優賞にノミネートされている。ハリウッド屈指の美形俳優として名を馳せ数多くの作品に出演した、現在82歳のレッドフォードが約60年に及ぶキャリアの最終作でどのような演技を見せるか期待したい。

 映画『THE OLD MAN & THE GUN(原題)』は2019年夏に全国公開。

本文はここまでです このページの先頭へ