ここから本文です

真剣佑、10キロ増量していた!激変ぶりがネットで話題に

シネマトゥデイ

2017年3月7日(火) 7時10分 更新

ストイックすぎる真剣佑

ストイックすぎる真剣佑

シネマトゥデイ

 俳優の真剣佑(まっけんゆう)が3日、都内で行われた第40回日本アカデミー賞授賞式に出席。ネット上ではその容姿に驚きの声が上がっている。

 千葉真一を父に持ち、その端正なルックスで注目を浴びる現在20歳の真剣佑。昨年公開された映画『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』では広瀬すずふんするヒロインの幼なじみ・綿谷新を好演し、日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた。

 この日、真剣佑は髪をばっさりカットしたスポーツ刈りのような頭で登場。するとネット上では「真剣佑くん髪短くなった!」「髪短いのもかっこいい~」「髪が変わりすぎて誰かと思った笑」などと話題に。さらにファンの注目はその髪型だけでなく、タキシードの上からでもわかる、一回り大きくなったガタイにも寄せられた。

 事務所関係者によると、真剣佑は現在、ハリウッド超大作『パシフィック・リム』の続編『パシフィック・リム:メイルストロム(原題) / Pacific Rim: Maelstrom』の撮影中で、役づくりのために昨年末からトレーニングを重ね、体重を約10キロ増量し、髪も短くしたのだという。

 昨年はドラマ「仰げば尊し」(TBS系)の生徒役でも話題を呼び、今年8月に公開を控える実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』では虹村億泰役に抜てきされた真剣佑。ロサンゼルスで生まれ育った異色の経歴を持ち、1年前のインタビューでは「今恋愛したいと思うなら、この仕事は辞めます」と語るなど、どこまでもストイックな彼の活躍に注目していきたい。(編集部・中山雄一朗)

本文はここまでです このページの先頭へ