ここから本文です

誕生日は一人チョコ!神木隆之介カワイイエピソードが共演者から暴露

シネマトゥデイ

2017年3月18日(土) 16時18分 更新

共演者からたくさんのカワイイエピソードを暴露された神木隆之介

共演者からたくさんのカワイイエピソードを暴露された神木隆之介

シネマトゥデイ

 羽海野チカの人気漫画を前・後編の2部作で実写化する映画『3月のライオン 前編』の初日舞台あいさつが18日、都内であり、「撮影中、愛らしいと感じた共演者は?」という質問に、登壇者から主演の神木隆之介の「カワイイ」エピソードが次々に飛び出し、神木も「これは照れる」と大照れの笑顔を浮かべ、公開を喜んだ。

 本作は、中学生で異例のプロデビューを果たした天才棋士・桐山零(神木)を主人公に、幼い頃、交通事故で家族を失った心の傷を抱える零が、同じ下町に住む川本家の3姉妹や周囲の人との交流と数々の熾烈な対局を通して、人間としても棋士としても成長していく姿を描く人間ドラマ。『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督がメガホンを取る。

 この日は神木のほか、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせらが集合。本作のテーマの1つ「愛」にちなみ、「愛らしい」撮影エピソードを語り合った。まず倉科(川本あかり役)が「零くんか神木くんなのかわからないですが、川本家のこたつや二段ベットの下や、どこでもすぐに寝ちゃって、ポカポカオーラを出している姿がかわいらしくて」と現場の様子を報告すると、佐々木も「(加瀬亮演じる)宗谷冬司と島田開(佐々木)の対戦のシーンで、加瀬さんと神木くんが、ハンドクリームを塗りながら『ああ、いい匂い』とか語り合って盛り上がっている様子がかわいかった」と告白し、会場を盛り上げる。

 さらに中村は、撮影の空き時間に「マンガクイズをやろう」と神木に誘われたエピソードを紹介。「マンガのあるシーンの次のページに登場するセリフを当てるクイズなんですが」と続けた中村は、「神木くんが延々、キラキラした目で問題を言ってくる眼差しがまぶしかった」とラブコール。豊川も「神木くんが天才子役と言われていた頃、僕は『妖怪大戦争』という映画で彼と戦ったことがあるんですが、今回は子役という言葉も取れ『座長』として素晴らしい居様だった。しかも『誕生日は一人で、コンビニでチョコを買って食べた』とか有村さんと話しているのを聞いて、コイツはすごい役者になるんだなと思いましたね」と絶賛。

 そんなほめ殺しとも言えそうな状況の中、神木は締めのあいさつで「ドキドキと不安な気持ちもありましたが、無事初日を迎えられて幸せだなと思います」「前編は前編として、後編もぜひ楽しみにしていてください」と会場に呼び掛けていた。(取材/岸田智)

映画『3月のライオン 前編』は全国公開中、『3月のライオン 後編』は4月22日より公開

本文はここまでです このページの先頭へ