ここから本文です

オスカー女優スーザン・サランドン 「レイ・ドノヴァン」にゲスト出演決定

シネマトゥデイ

2017年3月19日(日) 22時46分 更新

映画スタジオの社長にふんするスーザン・サランドン - Albert L. Ortega / Getty Images

映画スタジオの社長にふんするスーザン・サランドン - Albert L. Ortega / Getty Images

シネマトゥデイ

 アカデミー賞主演女優賞に5度ノミネートされ、映画『デッドマン・ウォーキング』で見事に受賞を果たしたスーザン・サランドンが、テレビドラマ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」にゲスト出演すると The Hollywood Reporter などが報じた。

 スーザンが演じるのはサマンサ・ウィンスロウ。映画スタジオの社長で、仕事に専心する強い女性だそうだ。ゲスト出演は第5シーズンを通しての長丁場で、かなり重要な役らしい。彼女は現在、有名な確執を描くライアン・マーフィーの新ドラマ「フュード(原題) / Feud」のベティ・デイヴィス役でも話題になっている。

 「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」の第5シーズンは今夏から米で放送がスタート。スーザンのほかには、「アントラージュ★オレたちのハリウッド」のリス・コイロ、「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のマイケル・ギル、「トゥルーブラッド」のアディナ・ポーターなども新シーズンのキャスト入りをしている。(澤田理沙)

本文はここまでです このページの先頭へ