ここから本文です

『ファンタビ』新作が1位!前作超えのロケットスタート:映画週末興行成績

シネマトゥデイ

2018年11月26日(月) 15時26分 更新

ファンタビ、大ヒット中 - (c) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c) J.K.R.

ファンタビ、大ヒット中 - (c) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c) J.K.R.

シネマトゥデイ

 土日2日間(11月24日~11月25日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、人気ファンタジーシリーズ最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が初登場1位になったことが明らかになった。

 『ハリー・ポッター』新シリーズ第2弾となる本作は、初日の興行収入が前作の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を超え、公開から3日間で100万793人、興行収入14億7,193万4,500円を記録。また、全世界の興行収入は500億円目前だ(配給調べ)。

 先週まで2週連続1位だった『ボヘミアン・ラプソディ』が1ランクダウン。しかしながら、先週の公開週末対比で102%の観客を動員し、累計動員166万936人、累計興行収入23億円を突破している(配給調べ)。

 また、北川景子主演の『スマホを落としただけなのに』が1ランクアップの3位、樹木希林さんが出演している『日日是好日』が9位と7週目にして再びトップ10に返り咲いた。ほか新作は、シンガーソングライター・竹内まりやの40周年を記念したライブを映像化した『souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~』が10位にランクイン。ジャッキー・チェンの新作『ポリス・ストーリー/REBORN』は11位となっている。

 今週は『くるみ割り人形と秘密の王国』『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』『jam』などが公開される。(編集部・梅山富美子)

【2018年11月24日~11月25日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(初)『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』:1週目

2(1)『ボヘミアン・ラプソディ』:3週目

3(4)『スマホを落としただけなのに』:4週目

4(3)『人魚の眠る家』:2週目

5(2)『ヴェノム』:4週目

6(5)『ういらぶ。』:3週目

7(6)『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』:5週目

8(7)『Burn the Stage : the Movie』:2週目

9(‐)『日日是好日』:7週目

10(初)『souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~』:1週目

本文はここまでです このページの先頭へ