ここから本文です

柴咲コウ、角田光代「坂の途中の家」ドラマ化で母親役

シネマトゥデイ

2018年11月29日(木) 4時00分 更新

「連続ドラマW 坂の途中の家」より

「連続ドラマW 坂の途中の家」より

シネマトゥデイ

柴咲は、3歳の娘の子育てに奮闘中の専業主婦に

柴咲は、3歳の娘の子育てに奮闘中の専業主婦に

シネマトゥデイ

 女優の柴咲コウが、直木賞作家・角田光代の小説をドラマ化する「連続ドラマW 坂の途中の家」(2019年春、WOWOWプライムで放送)で主演を務めることが29日、WOWOWより発表された。2017年放送の大河ドラマ「おんな城主 直虎」以来、約2年ぶりの連ドラ主演となる本作で、わが子を虐待死させた女性の裁判に補充裁判員として参加する専業主婦にふんする。

 「八日目の蝉」「紙の月」「愛がなんだ」などテレビドラマ、映画化が相次ぐ角田の2016年に刊行された同名小説に基づく本作。柴咲が演じるのは、三歳の娘と夫と暮らす主婦・里沙子。同じ年頃の主婦が生後8か月の娘を浴槽に落として虐待死させた事件の裁判に、補充裁判員としてかかわることとなり、被告の境遇に自らの過去を重ねていくという役どころだ。

 台本を読んだ際に「改めて“普通”とは何だろうということを考えさせられた」という柴咲。無意識に子育てにストレスを感じる母親という設定に「立場が違うからこそ、母親役のリアルさや真実味を大切にしたくて、周りの母親たちに話を聞いたり、また無意識に日常生活の中にある母親たちの苦悩を感じるようになりました。表面的な幸せではなく、その裏側にある計り知れない家族や子育てと向き合う姿をしっかり表現出来たらと思います」と意気込みを語っている。

 脚本に、ドラマ「紙の月」(2014・NHK)や現在上映中の映画『人魚の眠る家』などの篠崎絵里子。監督に、CM界で活躍し、昨年『おじいちゃん、死んじゃったって。』で長編映画監督デビューを果たした森ガキ侑大。森ガキにとって本作が初の連続ドラマ作品となる。

 なお、本作はSONYとのコラボレーションによりラージフォーマットでの全編4KHDR作品として制作される。(編集部・石井百合子)

「連続ドラマW 坂の途中の家」は2019年春、WOWOWプライムにて放送

本文はここまでです このページの先頭へ