ここから本文です

『ボヘミアン・ラプソディ』あのシーンが最高に笑えるワケ!

シネマトゥデイ

2018年12月24日(月) 12時02分 更新

このシーン! - (C) 2018 Twentieth Century Fox

このシーン! - (C) 2018 Twentieth Century Fox

シネマトゥデイ

マイク・マイヤーズ - Mike Marsland / WireImage / Getty Images

マイク・マイヤーズ - Mike Marsland / WireImage / Getty Images

シネマトゥデイ

 大ヒット公開中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』に『オースティン・パワーズ』の主演や『シュレック』の声優で知られる俳優マイク・マイヤーズが出演している(以下、該当シーンの詳細について触れる)。

 伝説のロックバンド、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描いた同作。マイクは大きなサングラスをかけ、ひげを生やした、もはや誰だかわからないビジュアルで、EMIレコードの社長レイ・フォスターを演じている。

 劇中、クイーンのメンバーたちは「ボヘミアン・ラプソディ」をシングルとして出したいと主張するが、マイク演じるレイ・フォスターはクイーンの音楽を理解せず、曲が長すぎる上に「ティーンエージャーが車でボリュームを上げて、頭を振れるような曲じゃない」と言って拒否する。

 ところがマイクといえば、実際は大のクイーンファンとして知られ、映画『ウェインズ・ワールド』(1992)の冒頭、車の中で「ボヘミアン・ラプソディ」をノリノリで歌い、仲間たちと一緒に頭をガンガンに振るシーンがある。しかも当時、映画の影響で同曲が再び全米チャートにランクインしたという逸話を持つ。

 マイクの出番はさほど多くないが、それを知って観ると最高に笑えるシーンとなっている。(編集部・中山雄一朗)

本文はここまでです このページの先頭へ