ここから本文です

『ワイルド・ストーム』など注目作5選!:今週公開の映画

シネマトゥデイ

2018年12月31日(月) 6時16分 更新

(C) CATEGORY 5 FILM, LLC 2017

(C) CATEGORY 5 FILM, LLC 2017

シネマトゥデイ

(C) 2019 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!ムービー

(C) 2019 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!ムービー

シネマトゥデイ

(C) 2018 WH Films Ltd

(C) 2018 WH Films Ltd

シネマトゥデイ

(C) CATEGORY 5 FILM, LLC 2017

(C) CATEGORY 5 FILM, LLC 2017

シネマトゥデイ

(C) 2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited

(C) 2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited

シネマトゥデイ

(C) Raymi Hero Productions 2017 Paul Popper Popperfoto Getty Images

(C) Raymi Hero Productions 2017 Paul Popper Popperfoto Getty Images

シネマトゥデイ

 巨大ハリケーンが猛威をふるうなかで起こる犯罪劇を壮大なスケールで描くディザスター・パニック映画や、48歳で命を落とした歌姫ホイットニー・ヒューストンの素顔に迫るドキュメンタリーなど、年はじめの今週に公開される注目映画を紹介する。(編集部・大内啓輔)

「ラブライブ!サンシャイン!!」劇場版!

『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』1月4日公開

 「みんなで叶える物語」をキーワードに、さまざまなメディアミックスを展開するシリーズの第2作「ラブライブ!サンシャイン!!」の劇場版。浦の星女学院のスクールアイドル「Aqours」が頂点を極めた後の物語が描かれる。ボイスキャストには、伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか、小宮有紗らお馴染みのメンバーが集結。監督をテレビアニメ版を担当した酒井和男が務める。

世界を熱狂させた歌姫の素顔

『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』1月4日公開

 48歳で亡くなったホイットニー・ヒューストンの素顔に迫るドキュメンタリー映画。ホイットニー・ヒューストン財団により公認されており、初公開となるホームビデオや貴重なアーカイブ映像、未発表音源とともに、家族や友人、仕事仲間などの証言を織り交ぜて歌姫の真の姿を映しだす。監督はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞歴もあるケヴィン・マクドナルド。元夫のボビー・ブラウンや『ボディガード』で共演したケヴィン・コスナーらも出演。

巨大ハリケーン×最悪の強盗事件!

『ワイルド・ストーム』1月4日公開

 巨大ハリケーンが猛威をふるうなかで起こる犯罪劇を描くディザスター・パニック映画。ハリケーンによる混乱に乗じて財務省の紙幣処理施設を襲撃した強盗団に、気象学者と施設のセキュリティー担当を務めるヒロインが立ち向かっていく。メガホンを取ったのは『ワイルド・スピード』『トリプルX』などを手掛けたロブ・コーエン。主人公の気象学者を『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』などのトビー・ケベル、施設のセキュリティー担当を『96時間』シリーズなどのマギー・グレイスが演じる。

監督デビュー作で東京国際映画祭でW受賞!本格派サスペンス映画

『迫り来る嵐』1月5日公開

 ポン・ジュノの『殺人の追憶』を彷彿とさせるサスペンス映画。中国の小さな町にある古い国営工場で警備員をしているユィ・グオウェイは、泥棒検挙で実績を上げていた。ある日、近所で起きた若い女性の連続殺人事件に刑事気取りで首を突っ込み始めた彼は、犠牲者が恋人に似ていることを知り……。主人公をドアン・イーホン、ヒロインをジャン・イーイェンが演じ、初の長編映画監督作品となるドン・ユエが監督を務めた。第30回東京国際映画祭最優秀男優賞&最優秀芸術貢献賞を受賞。

すべてはここから始まった!60年代イギリス文化を繙くドキュメンタリー

『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』1月5日公開

 ザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズ、ザ・フー、モデルのツイッギー、ミニスカートを発案したマリー・クヮントといった、1960年代のイギリスで生まれた音楽やファッションなどのポップカルチャーを追ったドキュメンタリー映画。時代とともに生きたマイケル・ケインがプレゼンターとして出演し、プロデュースも担当。反体制的な文化が新たに花開いた1960年代を、50本を超えるインタビューやアーカイブ映像で繙いていく。

本文はここまでです このページの先頭へ