ここから本文です

『ボヘミアン・ラプソディ』受賞!優れた編集に贈られるエディ賞

シネマトゥデイ

2019年2月4日(月) 22時06分 更新

『ボヘミアン・ラプソディ』より - Twentieth Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

『ボヘミアン・ラプソディ』より - Twentieth Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

シネマトゥデイ

 長編映画やテレビドラマ、ドキュメンタリーの優れた編集をたたえる第69回アメリカ映画編集者協会(ACE)エディ賞が現地時間2月1日に発表され、『ボヘミアン・ラプソディ』などが受賞を果たした。

 長編映画編集賞(ドラマ)は、『ボヘミアン・ラプソディ』に、長編映画編集賞(コメディー)は、『女王陛下のお気に入り』に贈られた。『女王陛下のお気に入り』の編集を担当したヨルゴス・モヴロプサリディスは、小さな国であるギリシャ出身の自分が賞を受賞したことに感動しているとコメントしている。

 長編アニメ映画編集賞は、『スパイダーマン:スパイダーバース』に贈られ、特別賞にあたるACEゴールデン・エディ・フィルムメイカー・オブ・ザ・イヤーは『シェイプ・オブ・ウォーター』『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督に授与された。

 テレビ部門も同時に発表され、「マーベラス・ミセス・メイゼル」「アトランタ:略奪の季節」「キリング・イヴ/Killing Eve」「ボディガード ‐守るべきもの‐」が受賞している。(澤田理沙)

本文はここまでです このページの先頭へ