ここから本文です

『マスカレード・ホテル』HEROキャストの共演が話題!

シネマトゥデイ

2019年2月6日(水) 7時02分 更新

末次事務官と久利生公平!? - (C) 2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C) 東野圭吾/集英社

末次事務官と久利生公平!? - (C) 2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C) 東野圭吾/集英社

シネマトゥデイ

 大ヒット公開中の映画『マスカレード・ホテル』に人気ドラマ「HERO」のキャストが集結し、話題を呼んでいる。

 本作は木村拓哉と長澤まさみが初共演し、東野圭吾の同名小説を実写化したミステリー。連続殺人事件の新たな現場になるとされた「ホテル・コルテシア東京」を舞台に、潜入捜査のためホテルに忍び込んだ刑事とホテルの従業員が犯人を追う。「HERO」シリーズで木村と組んだ鈴木雅之監督がメガホンを取った。

 豪華キャストの共演も注目を浴びる本作。その中には「HERO」の初代キャストである松たか子、小日向文世、そして2014年のシーズン2から加わった濱田岳も。松と濱田はホテルの宿泊客、小日向は木村ふんする刑事・新田の元相棒・能勢を演じている。

 昨年12月に行われた完成披露試写会で、小日向は「木村くんとは2001年の『HERO』が初めての出会いで、今日までずっと末次事務官(小日向)と久利生公平(木村)という関係でしたけど、初めて刑事として、相棒としてご一緒できました」と歓喜。木村も小日向は「数少ない、緊張しない先輩」だと気心知れた仲を明かしていた。

 また、松との再共演について木村は「お互いがお互いを感じた上で、言葉にする必要はないよね、という部分で作業ができたんじゃないかな」と振り返り、厚い信頼関係をのぞかせた。

 ネット上では、映画を観た人たちから「HEROを思い出す」「HERO好きにはたまらない」「またHEROが観たくなった」などの声が上がっている。(編集部・中山雄一朗)

本文はここまでです このページの先頭へ