ここから本文です

山寺宏一『シティーハンター』大役に大感激!

シネマトゥデイ

2019年2月9日(土) 20時10分 更新

ドローンの音でも何でもいいから出たかったという山寺宏一

ドローンの音でも何でもいいから出たかったという山寺宏一

シネマトゥデイ

8日に封切られたばかりの『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』

8日に封切られたばかりの『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』

シネマトゥデイ

 俳優の山寺宏一が9日、都内で行われた、アニメーション映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』公開記念舞台あいさつに登壇し、同作への参加を熱望していたことを語った。この日は、飯豊まりえ、神谷明、伊倉一恵、戸田恵子、北条司(原作)、こだま兼嗣監督も来場した。

 新宿を舞台に法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽リョウ(けものへんに「寮」)の活躍を描く本作。同じく北条原作の人気アニメ「CAT’S EYE」との史上初となるコラボレーションも話題になっている。

 山寺は、リョウの敵で香の幼なじみのIT企業経営者・御国真司役を担当している。デビュー2年目くらいのときに、テレビアニメ版で「番組レギュラー」という名目でさまざまな役で参加していたという山寺は、「テレビシリーズで一番やられた男、そしてシティーハンターに育てられた男として、こうやって舞台に立ててうれしく思います」とあいさつ。

 「久々にアニメ化されることをネットの記事で読んだ」と明かすと、「俺にも話が来るのかな? 俺と(同じく声優の)茶風林には来るのかな」と期待を寄せていたことを吐露。「リョウさんにやられる役でもいいし、ドローンの音でも何でもいいから出たい」と熱望していたことを打ち明けた。

 そんな中で「すごい大変な役」をもらったと感激しきり。その上、「僕から見てもレジェンド(声優ばかり)で、さらに戸田恵子さん。僕はいつも(『アンパンマン』ではアンパンマン役の)戸田さんの横では犬(チーズ役)しかやってないですからね」と人間に昇格したうれしさも爆発させて、「プレッシャーでした。でもうれしかったです」とアフレコ時を振り返った。

 そんな山寺に対して、神谷は「茶風林さん、大塚芳忠さん、山崎たくみさん、もちろん山ちゃん(山寺)も我々は『功労者』と呼んでいます。絶対出てもらおうねと話していた」とキャスティングの裏側を話して「僕も感激です」としみじみ。

 そして「(シティーハンターも)ルパン三世のように時々返ってくるものになったらうれしいな。そのためには皆様方のなお一層のお力添えをいただきたいと思います」と集まった多くのファンに呼びかけ、会場には、その言葉に応えるような盛大な拍手が響いていた。(取材:錦怜那)

本文はここまでです このページの先頭へ