ここから本文です

宮崎駿が『千と千尋の神隠し』で世界を制す!【心に残る平成の映画 教えてください】

Movie Walker

2019年3月8日(金) 20時00分 更新

アイスランドの歌手、ビョーク

アイスランドの歌手、ビョーク

写真:SPLASH/アフロ

19年4月30日(火)、平成が終わる。『タイタニック』『アバター』に驚き、宮崎駿作品や「踊る大捜査線」シリーズに熱狂した約30年間。「DVD&動画配信でーた」では、読者の心に残った平成の映画や俳優を教えてもらい、4月20日(土)発売の「DVD&動画配信でーた」5月号で大々的に発表するアンケート企画を実施中。毎号様々なテーマで、平成の映画を思い出すために役立つ特集を掲載して好評を博しているが、Movie Walkerでも“「DVD&動画配信でーた」Presents 特別企画・心に残る平成の映画 教えてください”として連載がスタート。記事を参考に、どしどし応募してほしい!

第91回アカデミー賞授賞式が終わったいま、本企画でも「アカデミー賞&世界三大映画祭 “喜びと赤面の”思い出アルバム」と題して世界の映画賞にフォーカス。アカデミー賞に加えて、世界三大映画祭と呼ばれるベルリン、ヴェネチア、カンヌの各映画祭で約30年間に起きた忘れがたいエピソードを、映画人の歓喜(と驚き!?)を捉えた写真で振り返ろう。今回は平成11年~15年(1999-2003)をプレイバック!

■ ビョークの白鳥ドレスは今も語り草【アカデミー賞】

2001年、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)にて。奇抜なドレスをまとったビョークは、失笑や非難の声にもめげずレッド・カーペットで卵を産むパフォーマンスも披露。忘れられない衝撃を残した。

■ アニメーション初の金熊賞 翌年にはオスカーも獲得!【ベルリン】

2002年、『千と千尋の神隠し』(01)にて。『千と千尋~』がベルリン金熊賞&アカデミー賞長編アニメーション賞に輝いた宮崎駿監督。05年にはヴェネチアで栄誉金獅子賞を受賞、13年の同映画祭で監督引退が発表された(本人は後日会見)。14年、アカデミー賞名誉賞を授与された。

■ エイドリアン・ブロディがハル・ベリーに熱烈キス!【アカデミー賞】

2003年、『戦場のピアニスト』(02)にて。主演男優賞のブロディはプレゼンターのベリーを抱き寄せてブチュ~!? それから14年後にベリーは、「『なんてクソなことが起きてるの!?』と思っていた」と告白。

■ マイケル・ムーア、ブッシュ政権を痛烈批判【アカデミー賞】

2003年、『ボウリング・フォー・コロンバイン』(02)にて。長編ドキュメンタリー賞の受賞スピーチで「虚構の理由で我々を戦地に送っている」と、当時のジョージ・W・ブッシュ米国大統領と政策を批判。拍手とブーイングが起きた。

次回は【平成16年~20年(2004-2008)】をプレイバック!(Movie Walker・文/サードアイ 構成/「DVD&動画配信でーた」編集部)

本文はここまでです このページの先頭へ