ここから本文です

『ぼくのエリ』原作者の北欧ミステリーを映画化 『ボーダー 二つの世界』公開

クランクイン!

2019年5月13日 (月) 17時00分 更新

『ボーダー 二つの世界』メインカット

『ボーダー 二つの世界』メインカット

(C)Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018

 第71回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリを受賞した映画『Border(英題)』が、邦題を『ボーダー 二つの世界』として10月11日より公開されることが決定。併せて場面写真が解禁された。

 本作は、“スウェーデンのスティーヴン・キング”と称され、映画『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者としても知られるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストが、自身の原作をイラン系デンマーク人の新鋭監督アリ・アッバシと共同脚本を手がけたミステリー。

 主人公は、人並外れた嗅覚を持ちながらも、醜い容貌のせいで孤独と疎外を強いられている、税関職員の女性ティーナ。違法な物を持ち込む人間を嗅ぎ分ける特殊能力の持つ彼女は、ある日、勤務中に出会った奇妙な旅行者ヴォーレを見て、本能的に何かを感じる。後日、ティーナは彼を自宅に招き、家の離れを宿泊先として提供する。次第にヴォーレに惹かれていくティーナだが、彼にはティーナの出生にも関わる大きな秘密があった…。

 本作は、カンヌの第二コンペティションである「ある視点」部門でグランプリを受賞したほか、第54回スウェーデン・アカデミー賞で作品賞ほか最多6部門を受賞。本年度アカデミー賞スウェーデン代表作品に選出され、メイクアップ&ヘアスタイリング賞でオスカーノミネートを果たした。

 映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロ監督は、本作について「強い詩。社会に見捨てられた者が人生において愛と怒りの間で選択を迫られる、大人のためのおとぎ話」とコメントを寄せている。

 なお、本作には各国の映画祭で「ショッキング過ぎる」と話題になったシーンがあったが、制作者の意向を汲み修正なし、ノーカット完全版での日本公開が決定している。

 到着した場面写真では、疎外を強いられてしまうというティーナの醜い容姿を伺うことができ、彼女とヴォーレが税関で対峙する姿や、通路に佇むティーナ、ガラス越しに見つめあう2人の姿が捉えられている。

 映画『ボーダー 二つの世界』は10月11日より全国公開。

本文はここま>
でです このページの先頭へ