ここから本文です

『アラジン』が初登場1位スタート!:映画週末興行成績

シネマトゥデイ

2019年6月10日 (月) 14時58分 更新

『アラジン』もう観た? - (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『アラジン』もう観た? - (C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

シネマトゥデイ

 土日2日間(6月8日~9日)の全国映画動員ランキングが10日に興行通信社から発表され、ディズニーの名作アニメーションを実写化した『アラジン』が首位を獲得した。

 本作は、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチーがメガホンを取り、音楽をアニメーション版と同じくアラン・メンケンが担当した。ランプの魔人ジーニーを演じるウィル・スミスがはまり役だと話題となっており、日本ではほぼ知られていなかったアラジン役のメナ・マスードや、ジャスミン役のナオミ・スコットも注目を浴びている。

 続く2位は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、3位は『コンフィデンスマンJP』、4位は『空母いぶき』とそれぞれワンランクダウンするという結果となった。また、『キングダム』が公開8週目で6位とロングランヒット中で、記録がどこまで伸びるのか期待が高まるところだ。

 ほか新作では、『海獣の子供』が5位にランクイン。本作は、『鉄コン筋クリート』を手掛けたSTUDIO4℃が五十嵐大介の同名漫画をアニメーション映画化したもの。圧巻の映像美と、ミュージシャンの米津玄師が歌う主題歌「海の幽霊」が映画の世界観とマッチしていると反響を呼んでいる。

 今週は『メン・イン・ブラック:インターナショナル』『旅のおわり世界のはじまり』『泣くな赤鬼』『ウィーアーリトルゾンビーズ』『さよなら、退屈なレオニー』などが公開される。(編集部・梅山富美子)

【2019年6月8日~6月9日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(初)『アラジン』:1週目

2(1)『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』:2週目

3(2)『コンフィデンスマンJP』:4週目

4(3)『空母いぶき』:3週目

5(初)『海獣の子供』:1週目

6(6)『キングダム』:8週目

7(5)『名探偵ピカチュウ』:6週目

8(4)『パラレルワールド・ラブストーリー』:2週目

9(7)『貞子』:3週目

10(8)『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』:9週目

本文はここま>
でです このページの先頭へ