ここから本文です

ヒロインは山本舞香!杉野遥亮主演「老人喰い」原案ドラマ新キャスト12名

シネマトゥデイ

2019年6月16日 (日) 09時00分 更新

杉野遥亮主演の新ドラマ「スカム」新キャスト12名 - (C) 「スカム」製作委員会・MBS

杉野遥亮主演の新ドラマ「スカム」新キャスト12名 - (C) 「スカム」製作委員会・MBS

シネマトゥデイ

 杉野遥亮主演のMBS・TBS7月期ドラマ「スカム」の新キャスト12名が発表され、モデル・女優の山本舞香がヒロインを務めることが16日、明らかになった。ルポライターの鈴木大介が巨大犯罪・振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した「老人喰い」(筑摩書房)を原案にした本作で、山本は主人公(杉野)の幼なじみにふんする。

 本作では、リーマンショックから入社わずか半年で新卒切りに遭い、さらに病に倒れた父親の高額な治療費を稼がねばならなくなったエリートの草野誠実(杉野)を中心に、さまざまな動機で振り込め詐欺に手を染めていく若者たちの成功と転落を活写する。

 主人公・誠実の幼なじみ・美咲にふんするのは、映画『恋は雨上がりのように』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』、ドラマ「チア☆ダン」などで人気急上昇中の山本舞香。7月19日公開の映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のヒロイン・霧嶋董香(トーカ)役も話題だ。山本は、美咲役へのアプローチについて「私の役、美咲は杉野さんが演じる誠実が詐欺をしていることを一切知らない子なので、常に明るくてまっすぐな子を意識しました。役が引っ張られないように、他のシーン(の台本)は読まないようにしていました」と明かしている。

 誠実の相棒となる清宮役は、auのCM・三太郎シリーズの一寸法師役や映画『桐島、部活やめるってよ』などで知られる名バイプレーヤーの前野朋哉。誠実が詐欺の道に進むきっかけを作る悪友に映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』などの戸塚純貴、誠実に詐欺研修を行う鬼店長に和田正人、集金屋役に山中崇、誠実の母親に西田尚美、詐欺ビジネスを牛耳る金主に杉本哲太がふんする。

 その他キャストに、福山翔大、水間ロン、若林拓也、華村あすか、柳俊太郎ら。(編集部・石井百合子)

「スカム」は6月30日よりMBS(関西)にて毎週日曜24時50分~、7月2日よりTBS(関東)にて毎週火曜25時28分~放送

本文はここま>
でです このページの先頭へ