ここから本文です

深田恭子主演「ルパンの娘」今夜!泥棒と警官の禁断の恋

シネマトゥデイ

2019年7月11日 (木) 05時36分 更新

(C) フジテレビ

(C) フジテレビ

シネマトゥデイ

 深田恭子の泥棒スーツ姿も話題の新ドラマ「ルパンの娘」の放送が、今夜22時から始まる(7月11日スタート、毎週木曜よる10時~フジテレビ系)。キャストやストーリーなど見どころをまとめて紹介する。

泥棒一家の娘と警察一家の息子の恋

 横関大の同名小説が原作の本ドラマは、悪党しか狙わないことをモットーとしている泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華と、一族から捜査一課の刑事を輩出することを悲願とする警察一家の長男・桜庭和馬の禁断の恋を描くラブコメディー。家族の誰よりも盗みの才能があるものの家業を継ぐことを拒否し、普通に暮らすため図書館司書として働く華を深田、泥棒逮捕を専門とする警視庁捜査三課に勤務する和馬を瀬戸康史が演じる。二人はドラマ「TOKYOエアポート ~東京空港管制保安部~」(2012)以来7年ぶりに共演を果たす。

 第1話では、家族全員が泥棒という秘密を抱えながらも和馬と息が止まるような運命の出会いを果たした華が、彼やその家族の職業を知り動揺する様子や、捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと父に言われた和馬が、手柄を立てるために“Lの一族”を捕まえる決心をするさまなどが描かれ、アクションも繰り広げられる。

 キャストはバラエティーに富んだ面々が集結。華の父で美術品専門の泥棒である三雲尊役に渡部篤郎、美の追究に貪欲な華の母・悦子役に小沢真珠。華の兄で引きこもりのハッカー、渉役に栗原類、華の祖母で伝説の鍵師・マツ役に連ドラレギュラー初出演のどんぐり、華の祖父で伝説のスリ師・巌役に麿赤兒。

 一方、和馬の祖父で元敏腕刑事の桜庭和一を藤岡弘、、和馬の父で警視庁警備部SAT隊長の典和を信太昌之、和馬の母で鑑識課の非常勤職員・美佐子をマルシア、和馬の妹で交通課の警察官・香をバンド・ゲスの極み乙女。のドラマーほな・いこかとしても知られるさとうほなみ。そのほか、世界を股にかける泥棒役で大貫勇輔、和馬の先輩刑事役で加藤諒が出演する。

 映画『翔んで埼玉』の武内英樹監督が演出に名を連ね、脚本も同作の徳永友一が担当している。(清水一)

本文はここま>
でです このページの先頭へ