ここから本文です

浅野忠信、「東京コミコン」アンバサダー就任に歓喜 この機会を待ってた!

シネマトゥデイ

2019年7月11日 (木) 16時10分 更新

「東京コミコン 2019」アンバサダーに就任した浅野忠信

「東京コミコン 2019」アンバサダーに就任した浅野忠信

シネマトゥデイ

 俳優の浅野忠信が、11月22日~24日に開催される「東京コミックコンベンション2019」(略称:東京コミコン2019)のアンバサダーに就任することが発表され、11日に都内で行われた記者会見で喜びを明かした。

 アメリカ・サンディエゴ発祥の「コミコン」は、コミック・アニメ・ゲームなどのポップカルチャーの祭典。フランス、イギリス、台湾などでも開かれており、東京では2016年12月に第1回が開催され、今年で4度目となる。

 日本映画だけでなく、マーベル映画『マイティ・ソー』シリーズといった海外作品にも数多く出演している浅野は、「メチャクチャうれしいです。この機会を待っていたというか、こういう楽しい会場に呼んでもらえるだけでもうれしいですけど、まさかのアンバサダーとして呼んでいただけてメチャクチャうれしいです」と大感激。

 「子供の頃はDCコミックスが好きで、バットマンやスーパーマンとかのフィギュアも集めていて、その影響もあって(今も)真似して漫画も描いています」と伝えると、「男の子なので筋肉が好き。ヒーローがすっごいいい体していて、フィギュアで見たときに感動しました」とアメコミにはまった理由も回顧した。

 この日は、海外からのゲストとしてオーランド・ブルームの来日が発表され、浅野は「会いたいですね」とミーハー心をチラリ。「みんなが映画の主人公として楽しむお祭りなので、コスプレしたり、スターに会ったりするのもいいです、みんなで楽しみましょう」と呼び掛けた。

 ちなみに、コスプレ願望を問われると「(『マイティ・ソー』で)ホーガンを演じた時に、メチャクチャ(テンションが)上がりましたね。あの格好でいるだけで無敵な感じがして、ただ楽屋からスタジオを歩くだけなのに、ものすごい無敵感で歩いていました」と嬉しそうな様子を見せた浅野。また、この日の会見には「東京コミコン 2019」の司会を務めるフリーアナウンサーの宇垣美里も出席し、「責任重大ですね」と緊張の面持ちながら「こんなに楽しんだよということを伝えられたらと思います」と意気込む。アニメキャラクターなどのコスプレで話題を集めている宇垣アナだけに、コスプレをリクエストされると「当日は、それってあのキャラクターの? みたいな小さなものを(衣装などに)取り入れられたら」と語っていた。(取材:錦怜那)

「東京コミコン2019」は11月22日から11月24日まで、千葉・幕張メッセで開催

本文はここま>
でです このページの先頭へ